記事

『およげ!たいやきくん』を輩出、ポンキッキのDが語る“歌”

【『およげ!たいやきくん』ほか『ポンキッキ』発の名曲の数々(写真/アフロ)】

 BSフジの子供向け番組『ポンキッキーズ』が3月をもって終了することとなった。1973年にスタートしたフジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』から続いてきた、45年の歴史が幕を閉じる。

『ポンキッキ』の歴史を振り返る上で欠かすことのできないのが番組発の名曲の数々である。1975年、オリジナルソングのコーナー「今月の歌」が始まると次々とヒット曲が誕生した。なかでも子門真人(74才)が歌った『およげ!たいやきくん』は、現在も燦々と日本の音楽史で歴代1位に輝く450万枚の大ヒットを記録した。同曲は子供だけでなく、サラリーマンの哀愁も込められており、大人の心にも刺さった。

 静岡県で暮らす会社員・水田玲子さん(仮名・48才)は、この曲を聴くと父親を思い出すという。

「普段はまったく音楽に興味のない父が、初めてレコードを買ってきたのが『およげ!たいやきくん』でした。家族みんなでレコードが擦りきれるほど、何度も何度も聴きました。お風呂に入るとき、服を脱ぐのと同時に歌い始めて“海に飛び込んだのさ”のフレーズとともに湯船に飛び込んだことは、今でも脳裏によみがえります」

 当時、番組ディレクターを務めた小島豊美さんは、当時をこう振り返る。

「正直、『たいやきくん』は宝くじに当たったようなものでした(笑い)。個人的にはキチンと番組のカリキュラムにのっとって制作した『いっぽんでもニンジン』や『パタパタママ』の方が思い入れは強いですね」

 なぎら健壱(65才)が歌った『いっぽんでもニンジン』は「二足でもサンダル」「三艘でもヨット」など、助数詞の正しい使い方が歌詞に含まれている。

「当時のスタッフは『ポンキッキ』は幼児教育を担っているという意識が強かった。そのため、ただ単に歌にすればいいという考えではなく、子供たちの未来に役立つことを伝えるということを意識して曲作りに励みました。

 例えば『パタパタママ』には、母親の日常が描かれているんです。お母さんは6時に雨戸を開けて、9時にはお掃除して、12時にはお化粧をパタパタして…と、子供たちに母親の仕事内容を理解してほしいという思いが“隠し味”として用意されています」(小島さん)

 さらに『パタパタママ』には「ケロケロ」「スイスイ」「ピカピカ」などの擬態語が多いのも特徴的である。

「私の歌作りは、必ず詞を先行して作りました。どんなテーマを歌にするか、それが大切でした。テーマが決まればどういう切り口にするか、作家とは大いに議論したものです。子供の頃は意識していなくても、今でも心に残って、“あれって『ポンキッキ』の歌だったんだ”と思ってくれる人が多いのは、努力が報われたようでうれしいですよね」(小島さん)

 子供ウケする曲を生み出す一方で、ビートルズや吉田拓郎といった大物ミュージシャンを数多く起用したのも『ポンキッキ』の特長である。小島さんはこう明かす。

「やはり家族そろって見ることができる番組こそが理想の子供番組です。素材が本物でなければ大人は退屈してしまう。だから子供の曲ばかりではなく、大人の曲も流しました。でも、家族みんなで聴いた曲は、子供の心の栄養となり、いつまで経っても覚えているものです。時代にそぐわないかもしれませんが、本当にいい番組を一家団欒で見ることは大切なことだと思うんです。だからこそ、現在の状況は残念でなりません…」

※女性セブン2018年3月22日号

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  2. 2

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  3. 3

    トランプ氏 北朝鮮と「内通」か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  5. 5

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  6. 6

    坂口杏里のストリップ降板が波紋

    女性自身

  7. 7

    田原氏「安倍首相は困難な局面」

    田原総一朗

  8. 8

    さんまがカーナビを使わない理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    加計めぐる愛媛文書に信憑性アリ

    田中龍作

  10. 10

    拉致解決は安倍首相以外でも可能

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。