記事

あなたが次の被災者になる〜被災者になってやるべき5つのこと〜311東日本大震災の教訓

とてつもない大災害・東日本大震災からもう7年が過ぎた。
いい意味でも悪い意味でも甚大な被害を受けた被災者や被災地以外は記憶が薄れている。

でも間違いなく、必ずこの先、日本では大地震や火山噴火や豪雨や台風や津波や竜巻などが起き次の被災者はあなたになるかもしれない。

自然災害を防ぐことはできなくても人災は防ぐことができる。
被災地・被災者になったら何をすべきか東日本大震災取材の教訓をもとに解説したい。

1:被災者同士で協力する

当たり前の話ですがこれができない。
生きるか死ぬかになった時に被災者同士でいがみあい奪い合い、ケンカするといったことが実際には起きる。
でもそんなことしても余計に状況は悪化するだけ。

非常時に人は変わる。
だからこそ平時に覚えておきたい。
被災者同士で協力して。
いがみ合ってもお互い損するだけ。

2:備蓄をする

被災したら避難所にいって物資がもらえると思ったら大間違い。
大半は、避難所にも行けず自宅で待機している人がほとんど。
救援物資は避難所優先になり自宅待機している際には物資が行き渡らない可能性が高い。

だから普段から多めに備蓄を。
備蓄があればしのげる。
多かったら分け与えることができる。
正直、東日本大震災が起きるまで備蓄なんて場所をとるから馬鹿らしいと思っていた。
コンビニにいけば24時間365日どこでもなんでもすぐ手に入るしアマゾンで注文すれば翌日なんでも届くと思っていた。

でもいざ災害が起きたら広範囲で物資不足になる。
被災地じゃなくても物資不足になる。
食べ物だけじゃなくおむつがないだとかマスクがないだとか。
だから普段から備蓄は多めに。

3:SNSの重要性

災害が起きた後貴重な情報源となるのがSNS。
特にツイッター、フェイスブックは重要な情報インフラともいえる。
デマも多いが、信頼できる情報も多く情報スピードも早い。
何より被災者として発信できる。

情報入手、情報発信のために普段からSNSを使っておくこと。
そして何よりもSNSでいろんな人とつながっておけば被災にあっても被災にあっていない人から支援を受けやすくなる。

だからSNSは普段からしっかりやっていろんな人とつながっておきたい。
被災地の重大な生命線といってもいい。

4:被災地を離れる勇気

被災地に止まり続けるとおかしくなってしまう。
でも電車や車でたった1時間いけばまるで別世界のような何も被災しておらず物も豊富な世界が広がっている。
被災地に止まることだけでなく被害が甚大なら自主避難するとか少し離れてみるといい。

無論そうすると逃げだだの見捨てただのととんでもないことをいうバカ被災者も大勢いるが被災地に止まり続けても余計に復旧復興が遅れることもあり一時自主避難することも考えたい。

5:ボランティアやメディアを利用する

被災したら支援の手をさしのべるボランティアや報道してくれるメディアがくる。被災で大変な時に外部の人との温度差やうざい人も中にはいるかもしれない。

でもボランティアやメディアの力をうまく活用すれば被災地・被災者だけで復旧復興するよりスピーディーに進むこともあり。外部の人間だからといってボランティアやメディアを毛嫌いせずかといって勝手にはさせずうまく利用すると復旧復興が早くなる。

・・・・・・・・・・・

自然災害を防ぐことができない。

でも人災は防ぐことができる。 災害にあった後、人同士がいかに知恵をつかい協力し復旧復興をしていくのか。

いつどこが被災地になってもおかしくはない。
特に最近は地震も火山噴火も世界各地で多発しているので要注意。

次の被災者はあなたです。
災害は忘れた頃にやってくる。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  3. 3

    自民議員 ツイート批判受け謝罪

    長尾敬

  4. 4

    中国依存のドイツ気付けば窮状に

    ロイター

  5. 5

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  6. 6

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  7. 7

    「人生何度でもやり直せる」は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  9. 9

    Suica全国で利用可に 落とし穴も

    マイナビニュース

  10. 10

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。