記事

森友文書 財務省、書き換え認める・・・20年前の悪夢の再現か

 これで焦点は、誰の指示で書き換えたか、に移る。仮に本省の指示(理財局長または担当室長)ならば麻生大臣の辞任は不可避だろう。トップは責任をとるためにある。公文書管理の法的責任(権限)者、安倍首相の責任も免れない。
 
 それにしても国家の中枢、かつて「我ら富士山、他は並びの山」と自称し、トップエリート官庁と呼ばれた財務省(旧大蔵省)で、こうしたあり得ない改ざんが行われた事実は深刻だ。裁量労働制の前提データがずさんだった事案とは比べものにならない。霞が関の劣化が深刻だ。

 「政治は三流だが官僚が一流だから日本はもっている」(桜田武日経連会長1979年)と嘘でも言ってくれた時代に私は通産省に入った。その霞が関、中央官僚の信用が地に落ちたのが90年代の過剰接待スキャンダルだった。当時の大蔵省に東京地検特捜部の捜査が入った。
 
 「○○しゃぶしゃぶ事件」。口に出すことすら憚れるような金融機関からの接待を受けていたのが超エリートの大蔵官僚だった。キャリア官僚が逮捕され、事務次官確実と言われた幹部が続々と辞表を出した。「俺たちが国を背負っている」「他省庁は並びの山」とおごり高ぶり、誤ったエリート意識が高じた、その「成れの果て」だった。

 あれから20年。一時の官僚バッシングも下火になり、やっと霞が関の再生も、という時にまたこの体たらく。真面目に働いている官僚にはやるせないだろうが、「国家の崩壊は、中枢の腐敗・劣化から始まる」。安倍政権下の「権力の私物化」や「忖度」だけにとどまらない問題がここにある。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。