記事

虎・象、インドネシアで野生動物殺害

1/2
JB180311otsukatop

トップ画像:虎を狩ってポーズをとる住民ら バンタン・インドネシア 1941年 出典 国立世界博物館

大塚智彦(Pan Asia News 記者)

【まとめ】

インドネシアで希少動物が相次いで殺される事案が発生。

・オランウータン殺害に国際動物保護団体も大きな衝撃。

・密猟に関して警察や軍が取り締まり強化。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=38883で記事をお読みください。】 

インドネシアで2018年1月から野生動物、それも希少動物で保護対象になっている動物が相次いで殺される事案が起きている。インドネシア政府が保護の重要性を改めて訴えるとともに警察は犯人逮捕に全力を挙げている。

殺害されたのはスマトラ島にしか生息していないスマトラ虎スマトラ象、さらにスマトラ島北部とカリマンタン島(マレーシア名ボルネオ島)でしか確認されていない人間に最も近い霊長類といわれるオランウータンで、いずれも絶滅が危惧される希少野生動物としてインドネシア政府によって殺害はもちろん、捕獲、密売も禁止されている。

3月4日、北スマトラ州のハトゥパンガン村というところで、住民に殺されて内臓を抜かれたスマトラ虎の死骸が建物の天井につるされているのを自然保護関係者や警察官が発見した。地元の住民にとってスマトラ虎は普段滅多に目にすることのない超自然的な存在として恐れ、崇められていたため、目撃した住民らが追跡していたところ、スマトラ虎が逆に住民を襲撃、住民2人が重傷を負ったという。このため住民らがスマトラ虎の殺害を計画、自然保護関係者などの警告を無視して殺害してしまった。そして内臓を抜いて建物の天井に吊るされたという。

JB180311otsuka01
▲写真 スマトラ虎 flickr : Cliff

2月12日にはスマトラ島南部のウェイカンバス国立公園内でレンジャーがメスのスマトラ象の死骸を発見した。同月14日に環境森林省が明らかにした声明によると、象は5発の銃弾を浴びて死亡しており、歯、牙、鼻など体の一部が失われていたという。地元警察はレンジャーと協力して象を射殺した容疑者の行方を追っている。

JB180311otsuka02
▲写真 スマトラ象 出典:National Park Service NPS Photo/ M. Flora

スマトラ象については2017年12月27日にスマトラ島北部のアチェ州東部にあるパームオイル(椰子油)農園の中でメスのスマトラ象の死後約10日の死骸が見つかっている。死骸のメスは妊娠13か月で、推定年齢は約25歳という。以前、付近の村の住民が「大切な肥料を象に食べられてしまった」と不満を口にしていたとの証言から、捜査当局は「何者かによって毒を盛られて殺害された可能性がある」との見解を示しているが、犯人逮捕には至っていないという。

あわせて読みたい

「動物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日大は雪印逆ギレ会見の二の舞か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    日大アメフト 元凶はカルト指導

    大西宏

  3. 3

    橋下氏「日大会見の司会が最悪」

    橋下徹

  4. 4

    日大監督の「自供」を文春が公開

    文春オンライン

  5. 5

    自民重鎮「愛媛知事は出たがり」

    深谷隆司

  6. 6

    よしのり氏 安倍政権は戦後最低

    小林よしのり

  7. 7

    巨乳使い元首相に取材 記者告白

    PRESIDENT Online

  8. 8

    堀江氏 中高教育の9割は意味ない

    サイボウズ式

  9. 9

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  10. 10

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。