記事

AI、IoT時代こそ人材獲得競争が激しくなる理由

【優秀な人材はますます引く手あまたに】

 フェイスブックや配車アプリのUber、日本で言えばフリマアプリのメルカリなど、新興企業が人々の生活を一変させ、急成長する時代になった。こうした成功する新興企業に共通しているのは、「人、モノ、カネ」といった従来型のリソースではなく、とにかく「人、人、人」が重視されているということだ。経営コンサルタントの大前研一氏は、「これからはエクセレント・カンパニーではなくエクセレント・パーソンの時代になる」と解説する。

 * * *
 かつて、「エクセレント・カンパニー」というものが大いにもてはやされた時代があった。私のマッキンゼー時代の同僚であるトム・ピーターズとロバート・ウォータマンが1982年にアメリカで上梓した『エクセレント・カンパニー』(原題は『IN SEARCH OF EXCELLENCE』/邦訳は英治出版刊)が、日本を含む世界各国でベストセラーになったのだ。

 同書では、IBMやマクドナルド、スリーエム、ウォルト・ディズニーなど、各方面で好業績を上げているアメリカの大企業を調査し、革新的な超優良企業=エクセレント・カンパニーと呼ぶべき会社の条件を分析・解説している。それらのエクセレント・カンパニーの多くは、今もなお世界的な大企業として君臨し続けている。その意味では、今から40年近く前になされたピーターズとウォータマンの企業分析は的を射ていたと言えるだろう。実際、旺盛な実験精神や顧客重視、社員の自主性の尊重など、今でも通用する普遍性のある定義も少なくない。

 それでも、彼らがエクセレント・カンパニーの条件を探っていた1980年代は、まだテクノロジーの連続性や経験の蓄積、あるいは規模の経済といったものが通用した時代だった。その流れの中では、従来のビジネスの延長線上で商品やサービスを磨いていく「Do More Better」の仕事が求められた。とりわけ日本企業は、この「Do More Better」を得意とし、欧米企業に追いつき追い越せでやってきた。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とか「21世紀は日本の世紀」などともてはやされたのもこの時期だった。

 しかし、21世紀を待たずして始まったデジタル革命により、競争のルールが一変する。先行者利益や過剰な高品質よりも、「スケール」と「スピード」が勝負を決める鍵となった。そのため、それまで「エクセレント」とされた技術や商品や品質に企業が固執すればするほど、新しい変化に対応できなくなってしまったのである。かつて世界中から称賛された日本の超優良企業が業績悪化に苦しみ、以前なら考えられなかったような不祥事や劣化を引き起こしているのを見ても、そのことは実感できるだろう。

 もはやピーターズとウォータマンが想定していたようなエクセレント・カンパニーの条件は、それだけでは存立できなくなっている。これまで看板商品を開発してきたのと同じ社員が、「Do More Better」の発想でそれを改良したり微調整したりしていたのではダメなのだ。21世紀は、自分の会社が持っている才能や能力、技術力以上のものを“会社の外”から引っ張ってくることが必要となってくる。

 さらに注目すべきは、デジタル革命以後は、蓄積や経験というものはすぐにキャッチアップでき、その差を容易にひっくり返せるということである。ひょっとしたら、プログラミングの得意な一人の高校生が、誰も思いつかなかったソリューションを見つけてくれる可能性だってあるのだ。かつて巨大企業が大量のマンパワーと先進技術と大資本を注ぎ込んでようやく実現していたようなソリューションを、今なら「たった一人の傑出した人間」がやってのけるかもしれない。組織や技術や資本よりも、「個人」のほうがより強力にレバレッジを効かせる(=小さな力で大きな影響力を発揮する)ことができる時代なのだ。

 それを象徴的に表現するなら、「エクセレント・カンパニー」の時代から「エクセレント・パーソン」の時代になったということである。

 そのような現状分析から導き出される結論の一つは、21世紀は世界的な人材競争がますます激しくなるだろうということである。しかも、その競争においては、名刺も肩書も関係ない。どんな能力を持っているのか、求められる以上の成果を残せるか否かが問われる。

 さらにこれからは、AIやIoT(モノのインターネット)がビジネスの現場に浸透していき、従来ある仕事の多くは機械やロボットに代替されてゆく。その中で、問題を解決できる“余人をもって代えがたい”人材をどれほど多く味方につけられるか? 彼らの能力をいかに引き出し、機械にもロボットにもできない成果を上げられるかどうか? それが、企業の盛衰に直結するようになるだろう。

 その意味で、かつて拙著『低欲望社会』で書いた次のような指摘は、今後ますます重要になってくると思われる。

〈20世紀の企業にとって成功の鍵は「人、モノ、カネ」だった。今は、モノもカネもあふれていて、特許などもカネ次第で使わせてもらえる。そんな21世紀における事業成功の鍵は、「人、人、人」である。〉

 企業から引く手あまたの人材になれば、給料だってもちろん上がるだろう。世界標準の働き方を身につけた人は、ボーダレスに「いつでも、どこでも、誰とでも」つながる仕事で最大限能力を発揮できるはずだ。「人! 人! 人!」の21世紀は、それが常識なのである。

※大前研一・著『個人が企業を強くする──「エクセレント・パーソン」になるための働き方』より一部抜粋

【プロフィール】おおまえ・けんいち/1943年福岡県生まれ。1972年に経営コンサル
ティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年退社。以後、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして幅広く活躍。現在、ビジネス・ブレークスルー(BBR)代表取締役、BBT大学学長などを務め、日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる。近著に、『武器としての経済学』『個人が企業を強くする──「エクセレント・パーソン」になるための働き方』などがある。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    eスポーツ認めぬ体育会おじさん

    倉持由香

  4. 4

    豊洲とヤクザ アワビ密猟の実態

    NEWSポストセブン

  5. 5

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  6. 6

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  7. 7

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

  10. 10

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。