記事

金融庁、仮想通貨交換業者2社に業務停止命令

FSHOとビットステーションに業務停止命令

金融庁は3月8日、みなし仮想通貨交換業者のFSHO(株)(TSR企業コード:012835269、横浜市西区)とビットステーション(株)(TSR企業コード:018888135、名古屋市中区)の2社に業務停止命令と業務改善命令を出した。

また、テックビューロ(株)(TSR企業コード:576983667、大阪市西区)とGMOコイン(株)(TSR企業コード:022722637、渋谷区)の登録仮想通貨交換業者2社と、みなし仮想通貨交換業者のコインチェック(株)(TSR企業コード:294733060、渋谷区)ほか2社に業務改善命令を出した。

2月2日以降、立ち入り検査を実施

1月26日、コインチェックが保有していた約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出。コインチェックは463億円分を補償すると表明したが、3月8日11時現在、返金されていない。事態を重く見た金融庁は2月2日、コインチェックに立ち入り検査を実施。

以降、2月13日テックビューロとGMOコイン、2月19日FSHO、バイクリメンツ(株)(TSR企業コード:016750179、東京都港区)、(株)ミスターエクスチェンジ(TSR企業コード:872532348、博多区)、2月26日ビットステーションに、相次いで立ち入り検査に入っていた。

預かり資産の私的流用

立ち入り検査では、FSHOは取引時確認を検証する態勢が整備されていないなど運用に不備が認められた。ビットステーションは、立ち入り検査で100%株主だった経営企画部長が利用者から預かったビットコインを私的に流用していたことが確認されていた。

なお、コインチェックは2回目の業務改善命令を受けて、8日午後4時から都内で記者会見を開く予定。

金融庁の処分

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  2. 2

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    小池氏が学歴疑惑に苦しい言い訳

    文春オンライン

  5. 5

    W杯は不謹慎?地震後の指摘に疑問

    かさこ

  6. 6

    山口達也氏 豪邸を5億円で売出し

    NEWSポストセブン

  7. 7

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  8. 8

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  9. 9

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    たけしと死去したベイダーの逸話

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。