記事

ポンキッキ、45年の歴史に幕「道徳的信条が常にあった」

「ガチャピン・チャレンジ」は子供たちに勇気を与えた
【「ガチャピン・チャレンジ」は子供たちに勇気を与え】

「オープニングテーマだった斉藤和義の『歩いて帰ろう』を聴くと、『ポンキッキ』を夢中になって見ていた幼き日の息子がよみがえってきます。いい番組だったのにとても残念です」

 成人して独立した2人の息子を持つ56才の主婦がこう嘆くように人気子供番組『ポンキッキーズ』(BSフジ)が3月末に放送終了する。『ひらけ!ポンキッキ』として1973年にフジテレビでスタートした同番組は、ガチャピンとムックが“番組の顔”として大活躍。「きかんしゃトーマス」や「コニーちゃん」など、ヒットキャラクターも多数誕生した。

 国民的子供番組となった『ポンキッキ』は、1993年以降は番組名を変え、幾度のリニューアルを重ねながら放送を続けてきた。45周年を迎えた今年、ついにその歴史に幕を閉じる。上智大学文学部新聞学科の音好宏教授が解説する。

「当時、“母と子のフジテレビ”をスローガンにしていたフジテレビではアメリカで大人気だった子供番組『セサミストリート』をイメージして『ひらけ!ポンキッキ』をスタートしました。同局の教育に対する方向性を大事にしながら、未来のフジテレビファンの開拓を意識して、大人も子供も楽しめる独特の世界観を作り上げたんです」

 その番組内容は自然・社会・言葉・数・しつけ・リズム・感覚の7つのカリキュラムで構成され、知らず知らずのうちに、子供たちがさまざまなことを学べるような作りとなっていた。

 しかもそのカリキュラムは、児童心理学や保育学などの専門家11人がブレーンとして参加。加えて、幼稚園の教諭や学生、医師など50人もの人々が番組作りに携わっていたというから驚きである。

「立ち上げメンバーには、後に『オレたちひょうきん族』など、フジテレビ黄金期を支えた人気番組を作った敏腕ディレクターなど、有能な人材が揃っていました」(フジテレビ関係者)

 ガチャピンがスキージャンプやダイビングに挑戦する「ガチャピン・チャレンジ」は、ガチャピンの困難に立ち向かう姿が子供たちに勇気を与えた。

 一方で、歌手のペギー葉山さんが「にんじんを食べましょう」「人がいるところでは騒がないで」などと、優しく語りかける「しつけ」コーナーは番組スタート時から15年も続いた人気企画だ。

「家庭内でのしつけに加え、テレビの中でもしつけの話があると、子供にとっては確認作業になるので、実践しやすくなりました。最近では、論語を読み聞かせるコーナーがあったり、ノーベル賞受賞者の山中伸弥さんが出演し『未来の科学と子供の教育』について語ったりするなど、道徳的な信条が常にありました」(音教授)

※女性セブン2018年3月22日号

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

  2. 2

    安倍首相の「圧力誰が」は強圧的

    大串博志

  3. 3

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  4. 4

    杉田氏かばう記事に炎上必至の声

    キャリコネニュース

  5. 5

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    くまモン 集英社への抗議が秀逸

    PRESIDENT Online

  7. 7

    野党に応援される石破氏の不思議

    やまもといちろう

  8. 8

    マツコ 高望みする女性にチクリ

    キャリコネニュース

  9. 9

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  10. 10

    新庄氏 20億盗られまだ騙される

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。