記事

その人にとって一番いい人生の終わり方 本当に正しい医療と介護

少しづつ変わっていますがずっと思っていることです。

私は医師です。そのため病を治そうとします。特に血液内科という急性の疾患を専門とするため、治療しなければほとんど命を落とすことが確実な病を対象にしていたため、抗がん剤含めて積極的に使用し、その人を病から取り戻そうと努力してきました。

ある意味正しい医療を行えば、命を助けるためであれば周りは全て協力すべきという傲慢さを持っていました。(今でもいくらかあると思います。)ところが自分が歳をとるに従い、正しい医療を行ってもこちらの予想する反応をしていただけない患者さんや周りがたくさんいることを経験、理解してきました。

どの治療も効かない悪性新生物。薬に反応しない心不全、肝不全、腎不全。抗がん剤が投与できない並存症。栄養を取れない老衰等。これら全て今の医療の限界です。もちろん全てエビデンスに基づいて医療を行うのですが、エビデンスが効かなくなった時に、巷にあるエビデンスではこうなっているなんてなんの役にも立ちません。

「この悪性新生物にはこの治療にエビデンスがある。でも並存症(腎、心、肝等)、老衰があるとこの薬は使用できない。よってこの人にはもう治療法がない」

大きな病院の医師は以前よくこの言葉を使いました。今でも一部存在しています。そう、無慈悲な医療者たちが患者を路頭に迷わせるのです。

正直エビデンス重視の医師を説得しようとしても基本無駄です。だって「エビデンスに基づいた正しい医療」をやっているのですから悪いこととは感じていません。先ほどの私の傲慢さと同じ理屈です。そしてケア、社会的対応は正直大病院の医師の仕事ではないと思っています。(緩和ケア医は別です)

では患者さんはどうすれば。そのまま難民と化してとんでも医療に騙されていくのです。だってお金儲けだけを考えるとんでも医療者は言葉だけはしっかり寄り添いますから。そしてとんでも医療者も刑罰がなければ基本説得は無駄です。そして見た目だけの寄り添いのレベルが高いため、訴えられることもとても少ないようです。

そうエビデンス重視の上記の記載は医学的に正しいのですが、でも目の前に患者はいます。とんでも医療に騙されないようにするために、誰かに対応を引き継がなければいけません。そこまでやって「本当に正しい医療」です。そして忙しい医師ができないのなら、誰かにやってもらうのです。

前回の救急車もそうですが、決まり事を作らなければいけません。今まで自主的にやってきたことを、ボランティアではなくちゃんと仕事として考えなければいけません。これも働き方改革です。(一部はやられているのですがあまりにコストが低い!)

正直今の医療界において何をしなければいけないか。医療の限界をわかった上で、安楽死含めて度胸を決めて、本当にその人にとって一番いい人生の終わり方を導く決まりを作ることが必要です。そしてそれは医療の進歩と共存できると医療者として信じています。ただそこにコストがかかることは事実です。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    信頼ない? 進次郎氏の欠点は独身

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  10. 10

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。