記事

政府も朝日新聞指摘の決裁文書が存在するのか、確認できないのかくらいは答えるべき - 3月8日のツイート

https://abematimes.com/posts/3802580
学級代表みたいな議員ばかりでは政治はできない。多数の議員をまとめなければならない民主政治においては、やっぱり「ボス」が必要なんだよね。野党が弱いのは、この「ボス」が少ないこと。

https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12358581892.html…
朝日新聞はこの指摘に早急に答えるべき。政府も朝日新聞指摘の決裁文書が存在するのか、確認できないのかくらいは答えるべき。これくらいの回答で捜査に影響するわけがない。捜査上支障が出る、は通用しない。

一般論を持ち出させたのなら、腕のいい弁護士なら証拠開示に持っていけます。①告発事実と本件決裁文書は関連性がない②本件文書は既に捜査機関が目にしている以上改ざんの恐れがない③関係者に事情聴取しているなら証拠 隠滅の恐れはないし、そもそも事情聴取していないなら捜査に影響がない証。

@YoichiTakahashi 一般論というのは、証拠開示を拒否する理由にはなりません。告発事件ではどうなのか?というところがポイントです。告発事件において捜査に支障があるとは言い切れないので、一般論を持ち出したのでしょう。

https://mainichi.jp/articles/20180308/k00/00e/040/287000c…
書き換えがなかったのなら朝日新聞は早急に誤報を認めるべき。最初の謝罪が肝心。しかし書き換えがなかったからと言って財務省の責任がなくなるわけではない。この文書の存在が確定すれば、これまでの財務省の国会答弁のいい加減さは大問題になる。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「政党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  4. 4

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  5. 5

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  6. 6

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  7. 7

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  8. 8

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。