記事

コインチェック、流出したNEMの補償を来週中めどに実施

[東京 8日 ロイター] - 仮想通貨取引所コインチェック(東京都渋谷区)は8日午後、流出した仮想通貨NEMの補償を来週中をめどに実施すると発表した。安全性などの確認がとれた仮想通貨から順に、一部のサービスも来週中をめどに再開するとした。

金融庁は8日、コインチェックに対し、2度目の業務改善命令を出した。1回目の処分では、システムの安全管理に軸を置いたが、今回は同社の経営体制が機能していないことに重心を置き、経営体制の抜本的な見直しを求めた。

都内で会見した和田晃一良・コインチェック社長は、経営体制に関し、自らの退任も含めて検討すると述べた。資本増強や他の事業会社の傘下入りの可能性については、顧客保護につながるかを基準に判断すると述べた。

大塚雄介取締役COOは、金融庁から取り扱う仮想通貨のリスクの洗い出しやマネーロンダリング(資金洗浄)・テロ資金供与防止対策を求められていることについて、匿名性の高い仮想通貨を含め、同社が扱う仮想通貨のリスクを洗い出し、どの通貨を扱うか決めると話した。

流出したNEMの補償対象となる約26万人の中に、マネロンを目的にした利用者はいないかとの質問には、「顧客から預かるときに本人確認を行っており、マネロンの対象者はいない」(大塚COO)と答えた。

*内容を追加しました。

(和田崇彦)

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  2. 2

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  3. 3

    トランプ氏 北朝鮮と「内通」か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  5. 5

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  6. 6

    坂口杏里のストリップ降板が波紋

    女性自身

  7. 7

    田原氏「安倍首相は困難な局面」

    田原総一朗

  8. 8

    さんまがカーナビを使わない理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    加計めぐる愛媛文書に信憑性アリ

    田中龍作

  10. 10

    拉致解決は安倍首相以外でも可能

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。