記事

高須院長 南北首脳会談に不快感「今こそ日本は警戒すべき」

【南北首脳会談に懐疑的な高須院長】

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、思うままに提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、11年ぶりの開催が決まった韓国と北朝鮮の南北首脳会談について意見をうかがいました。

 * * *
──韓国の文在寅大統領の特使として北朝鮮を訪問した鄭義溶国家安保室長が、金正恩労働党委員長と会談を行いました。その結果、鄭氏は4月末に南北首脳会談を行うことで合意したと発表。実現すれば11年ぶり3回目の南北首脳会談で、文在寅大統領と金正恩委員長にとっては、それぞれ初めてとなります。

高須:北朝鮮の暴走を食い止めるために韓国が動いていると見ることができるのはもちろんなんだけど、ここ最近の韓国の動きを考慮すると、そうは思えないというのが本音だね。正直、不快感を抱いたよ。

 今の韓国の文在寅政権は、アメリカや日本ではなく、北朝鮮を重視しているわけだし、むしろ南北会談で北との連携を強固にして、日米と対立しようとしているのではないかとさえ思えてくる。まあ、普通に考えればそんなことはありえないんだけど、“万が一”がありそうな気がするというのが怖い。なんというか、国際的な常識がまったく通用しない国なんだから。北も南も。

──金正恩は南北の対話が続く限りは、ミサイル実験をしないとの意向を明らかにしているとも報じられています。

高須:それが本当なら一歩前進だ。でも、今までどれだけ騙されてきたことか。それは、北朝鮮だけではなく、韓国だって同じことだよ。政府同士の合意を一方的に反故にしてしまう韓国を信用しろというのは無理な話だ。それに韓国と北朝鮮の仲だって当てにならない。そもそも南北は、これまでずっと騙し合ってきたんだから、ここで急に仲良くなるということ自体がおかしいんだよ。

 では、どうして南北会談が実現するのか。それは南北の利害が一致しているということだろうね。じゃあ、その利害とは何か。そのひとつとして考えられるのが、「共通の敵」がいるということだよ。その敵とはつまり日本だ。もちろん北朝鮮にとってはアメリカも敵だけど、韓国にとってはそうではない。でも、日本が南北にとっての敵になっているのは事実だからね。なかなか恐ろしい話だと思うよ。

 そもそも、北朝鮮としては、アメリカとの対話を有利に進めたいという意図があって、韓国を利用しているわけだ。今回の会談もまさにそれ。一方、文在寅政権は日本を敵国に設定して、北朝鮮と仲良くすることで、韓国民からの支持を得たいという目的がある。その点で利害が一致したから、南北が手を結んだということ。

結局、北も南も世界の平和なんかまったく考えていない。自分の国のことしか考えていないんだよ。日本とアメリカは、北による核攻撃という最悪のシナリオを回避すべく奔走しているというのにね。なんだか悲しくなってくるよ。

──トランプ大統領は南北会談について、ツイッターで「We will see what happens!」とつぶやきました。つまり、「何が起きるか見ておこう」と。

高須:アメリカと仲良くするための会談ではなく、北朝鮮がアメリカに対して強く主張しやすくするための会談だからね。アメリカとしては手放しに歓迎できるものではないし、「どうぞご勝手に」という感じでもない。この会談で潮目が変わって、南北が急接近でもしようものなら、急に力を誇示し始める可能性だって否定できない。とにかく動向をしっかり見届けるというのは当然だろうね。

──では、日本はどうするべきなのでしょうか?

高須:もちろんアメリカと同様、しっかり動向を見極める必要がある。ただ、南北が日本を敵視しているということは絶対に忘れてはいけない。それこそ攻撃される可能性があるということをしっかり肝に銘じていないと、最悪の結果になってしまうこともありうる。

もしも、南北会談の実現を平和への第一歩だと考えている人がいたら、それはちょっと危険だな。日本は今こそ警戒するべきだと思う。ニュースだって、もうちょっと東アジア情勢について取り上げるべきだと思うなあ。国会だってそう。危機感は抱いておいて損はないからね。

 * * *
 南北首脳会談の実現は、日本にとっての脅威になりうると指摘する高須院長。もちろん会談をきっかけに、米朝対話が進んでいけばいいのだが、一筋縄にいかないのが朝鮮半島情勢というもの。今後の動向をしっかりと注視する必要がありそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)など。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  8. 8

    日本への非難続ける正恩氏の思惑

    高英起

  9. 9

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  10. 10

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。