記事

日本には訪日客の欲しがる"高額品"がない

昨年、訪日客数は2869万人と過去最高を記録した。さらなる増加を目指し、政府は「2020年4000万人」という目標を掲げる。だが、こうした勢いは東京五輪以後も続くのだろうか。日本の観光業が取り組むべき課題とは何なのか。JTBの田川博己会長に聞いた――。

■毎年400万人増が続けば、目標達成は可能

――2017年の1年間に日本を訪れた訪日外国人旅行者数は、前年比19.3%増の2869万人で過去最高を記録しました。政府は「2020年4000万人」という目標を掲げています。達成は可能でしょうか。

田川博己・JTB会長

「間違いなく達成できる」という確信が、1年前に比べると強くなりました。昨年度は前年比で465万人増。20年までに毎年400万人増が続くと想定すれば、4000万人は達成できる数字だと思います。

購買力も期待できます。「爆買い」がなくなって減ったという人がいますが、買い物の仕方が変わっただけ。小売店でも百貨店の業績は順調です。

今はインバウンドも団体旅行からFIT(Foreign Independent Tour:海外個人旅行)に変わりつつあります。日本政府観光局(JNTO)の調査では、中国からの観光客もFITが5割を超えています。今年はますます東南アジア旅行客もFIT化して、買い物も集団ではなく、自分の買いたいものを買いに行くようになります。

最近の外国人観光客の購買行動を見てみると、家電や化粧品の買い物だけではなく、サービスやエンターテインメントを楽しむ「コト消費」に移っています。しかし、これに関しては日本でデータ化された数字がまだありません。カードの利用額はわかっても、「何に、いくら使ったのか」がわかるような「消費のビッグデータ」はまだありません。ただし、JTB総合研究所の調査を見ると、旅行の個人化は進んでいます。例えば、東南アジアの女性観光客の間では日本の美容室やネイルサロンが人気になっています。

――個人旅行増加はリピーターが増えているということですか。

それは間違いありません。日本人が50年前から海外旅行をするようになり、だんだん大衆化しFIT化したのが90年代の終わり。この2000年代に入って18年間、ほぼFIT化しました。それと同じようなことが、中国やアジアからの旅行客に起きています。

■日本には“絶対買いたい”高額商品が少ない

――外国人旅行客に対して、どのような商品やサービスを提供すればいいのでしょうか。

日本の製品は品質がいいという前提でインバウンドは薬や化粧品、家電製品を買っていますが、「日本に行ったらこれを絶対買いたい」と思う魅力ある高額商品が少ない。ロンドンやパリに行ったらブランド店や服飾・宝飾品の名店がたくさんあるのに比べ、日本はこれという店が多くはありません。さらに、旅行会社から見ると、東京や大阪に日本の伝統工芸品を総合的に扱う店が少ないのはおかしいと思います。外国人旅行客が日本全国の伝統工芸品のショッピングを楽しめるような施設が必要だと思います。

――欧米豪からの旅行客は、そうした工芸品への関心が高く、滞在日数も長いそうですね。ただし欧米豪からの旅行客はインバウンド全体の12%にとどまっています。テコ入れには何が必要でしょうか。

ヨーロッパ発アジア行きの定期便の航空運賃には団体運賃などの割引運賃の設定がありません。それでも東南アジアには多数の旅行客が来ている。これは東南アジアの各国が「チャーター便」に力を入れているからです。一方、日本の空港はチャーター便の着陸場所が少ない。また離陸時にエンジンを点火する外部電源のスターターも足りません。チャーター便を増やすことができるような航空インフラの整備が必要でしょう。

――インバウンドを受け入れる宿泊施設は足りるのですか。

東京のホテル稼働率は8割ですが、新幹線に1時間乗れば、地方都市に泊まれますから、地方に旅行客を誘引すればいい。さらなる外国人観光客を受け入れられるポテンシャルが日本にはあります。ヨーロッパはフランス、スペイン、イタリアも、地方の宿泊施設は部屋数も少なくて対応できる人数に限界があります。

――訪日客を増やすうえでは、交通インフラにも課題があります。

航空便数の増加と空港整備、港湾整備が必要条件です。特に必要なのは港湾整備だと思います。日本の港は寂しいですよ。横浜港に停められる大型クルーズはせいぜい2、3隻。マイアミ、ヘルシンキ、バルセロナなどのリゾート地の港は平均10隻です。この光景を見てしまうと、日本との差に愕然とします。

日本の港はもともと漁港や貨物港です。当社(東京・天王洲)の周りもガントリークレーンが並ぶ、コンテナ埠頭ばかり。海外で、東京ほどの大都市なら、クルーズ船が10隻くらい停泊していてもおかしくないはずです。

人口約400万人の米ロサンゼルス市には「マリナ・デル・レイ」という世界最大のマリーナがあります。5000隻以上のヨットが係留されていて、その光景は壮観です。なぜ日本にはこのようなマリンリゾートがないのでしょうか。

既存の港をリゾート港にするにはどうすればいいか。日本は今まで製造業優先、漁業権優先で港湾整備をしてきましたから、大改革が必要です。9年前、クイーン・メリー2号が大黒埠頭の貨物ヤードに寄港しました。横浜ベイブリッジをくぐれず横浜大桟橋に入港できなかったからです。家を訪問して、玄関はただいま工事中なので勝手口からお入りくださいと言っているようなもの。クルーズ旅行には1000万円を支払うような富裕層のお客さまもたくさんいますが、これでは「おもてなし」として不十分です。東京五輪までに準備しなくてはならないことだと思います。

10万トン級以上の船は一隻に3000~4000人が乗り込んでいます。港に入るだけではなく、港からの移送には100台のバスが必要です。ターミナルがあればよいのですが、せめて下船するところに屋根は必要でしょう。屋根がなければ、到着日に雨が降っていれば傘をささなくてはいけません。

■準備すべきインフラ整備とコンテンツ開発

――インバウンドのさらなる上昇にはなにが必要でしょうか。

個々の施策を点でやるのでなく、港の整備や航空路線の増加などの交通網整備、文化の発信など、俯瞰的に見ながら広がりをもって取り組まなくてはなりません。必要条件と十分条件を整理して準備すべきです。必要条件がインフラ整備であり、十分条件が旅のコンテンツ開発です。

『観光先進国をめざして』(田川 博己著・中央経済社刊)

「ポストオリンピック」(五輪以後)に向けた観光戦略が必要です。大会期間中、東京の映像が世界中に4週間流れるのですから、徹底的に売り込まなくてはならない。夏の東京の街だけではなく、昼夜四季折々を組み合わせた東京や地方の映像もオープンに見せるのです。

ロンドン五輪は街の見せ方が上手でした。会期前、イギリス政府はエジンバラやウェールズ、湖水地方などの地方観光をアピールして、大会期間中は、マラソンコースなどでロンドンを宣伝しました。日本も、東京より地方を宣伝したほうがインバウンド客の関心を引くはずです。たとえば19年のワールドカップラグビーは全国12都市で試合が行われますから、地方を売り込むチャンスです。

――五輪を景気を活性化させる起爆剤とするには?

1964年の東京五輪では、開催後3年間は不景気でした。あれだけのインフラ投資を行ったのですから、反動があるのは当然です。しかし今回のインフラ投資は限定的ですから、それほど心配はないはずです。むしろ既存のインフラを活かす整備を行ってはどうでしょうか。たとえば都心部にサイクリングロードを整備してはどうでしょう。50キロほどの長さがあれば、旅行者の新たな楽しみになります。都市型リゾートにもっと着目すべきです。

日本でこれだけ観光が注目されたのは初めてです。19年1月からは観光立国の財源にするための国際観光旅客税(仮称)の導入もあります。大きなシフトチェンジが起きているのです。戦後の日本はものづくりばかりで、物流・金流はそれに追随しましたが、外国人を積極的に受け入れる“人流”には取り組んできませんでした。20年を「人流元年」とすべきです。

----------

田川博己(たがわ・ひろみ)
JTB会長
1948年、東京都生まれ。慶応義塾大学商学部卒。71年、日本交通公社(現JTB)入社。99年米国法人日本交通公社取締役副社長。2000年に帰任し取締役営業企画部長、02年常務取締役東日本営業本部長などを経て、08年社長に就任。14年会長。日本旅行業協会会長。近著に『観光先進国をめざして』(中央経済社)がある。

----------

(JTB社長 田川 博己 取材・構成=上本洋子 撮影=根本英明)

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ワコール炎上広告 原因は手抜き

    中嶋よしふみ

  2. 2

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  3. 3

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  4. 4

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  5. 5

    栄元監督 会見後にキャバ嬢同伴

    SmartFLASH

  6. 6

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  7. 7

    ひろゆき氏 災害時のSNSデマに喝

    AbemaTIMES

  8. 8

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  9. 9

    編集者に絡む水道橋博士の古臭さ

    Hayato Ikeda

  10. 10

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。