記事
  • Dain

ロジェ・シャルチエ講演「本と読書、その歴史と未来」に反応する

1/2
 読書のデジタル化により、読むという行為の前に「書く」という行為が変わり、「オリジナリティ」や「著者」を定義しなおさなければならない――― 9/7 の講演会からいい刺激をもらった。

 これは、国民読書年を記念して、国立国会図書館が開催したもの。フランスの歴史学者ロジェ・シャルチエ氏を呼んで講演→鼎談というプログラム[詳細]。非常に興味深い話ばかりなのだが、悲しいかな、良くも悪くも「大学の授業」だった。プレゼンを面白くする演出・技術が絶望的にヘタなので悲しくなる(大学のセンセにそれを求めてはいけないだろうが…)。ともあれ、わたしなりに絞ってまとめる。

 もともと、「著者」という存在は後付けで生まれてきた概念だという。16世紀以前は、本とは「過去に書かれた作品を語りなおすもの」であり、「長すぎる物語を短縮したり"物語中物語"に仕立て直すもの」だった。本とはアンソロジーであり、あらすじ集のようなもので、「著者」とは、それを演出したり時代にあわせて翻訳したりする存在だった。本や本の中のもの(今で言うなら"著作権"で守られているもの)は共有物であり、語りなおされること(今で言う"コピー")が前提だったという(したがって、全ての本は海賊版だといえる)。

 それが、17〜18世紀にかけて、本というパッケージに一貫性を与える「著者」という概念が生まれる。個人の経験が本と分かちがたく結びつき、原稿という形に「まとめた人」という一人称が重視されるようになる。「編集者」や「出版社」という存在は、この「まとめた人」にかかわってくる。書かれたもののうち、何を世に出し、何を切り捨てるか吟味し、レイアウトや校正や装丁や流通を引き受け、「著者」というブランドを貼り付ける。同時に、「オリジナリティ」すなわち手書き原稿が重視されるようになる。自筆原稿には、校正や編集の跡が残っており、唯一無二のものとして保存されるようになる。直筆の原稿こそが、オリジナルなものなのだ。そして、その筆跡を持つものが、「著者」になる。

 読書のデジタル化は、「書かれたもの」のデジタル化から始まる―――というより、もうかなり進んでいる。現代の「著者」は、キーボードから入力し、画面で推敲する。手書き原稿は今や珍しい部類に入るだろう。この書かれたもののデジタル化により、編集の過程や改変が著者から離れ、見えなくなっている。もちろん変更前後の文字列をマッチングすれば分かるだろうが、そこには朱入れの思考過程は残っていない(だいたい、"朱入れ"という言葉自体、時代遅れになっているのかも)。直筆原稿にある、加筆・修正もろもろの痕跡が、デジタル化により消えてしまっている。これは、原稿からオリジナリティを喪失していることになる。いくらでもコピーできる原稿は、「原」稿とは呼ばないのだ。

 ここからわたしの妄想になる。オリジナルなものが喪われた「原稿」を書いた(というか打った)人は、著者になるのだろうか?もちろん今は「著者」「作者」と呼んでいるが、シャルチエ師の「書かれたもの…オリジナリティ…著者」が寸断されたいま、本当にその人が「打って」なくても問題がなくなっている。口述もありだし、ゴーストライターもあり、今なら生成プログラムやbotだって"あり"だろう。けれども、やはりそうしたネタをまとめた人として、一人称の名前が必要になるだろう。「まとめたもの」(もはや原稿と言えない)に対して、レッテルやブランドとしての名前をつけるのだ。

 象徴的な作品として、シェイクスピアがある。シェイクスピアの脚本は、台本としての四つ折パンフレット(フォリオ)はあったものの、出版物として流通していなかった。シェイクスピアの死後、ばらばらだったフォリオを集めてコーパスを作ったのは出版社になる。その際、必ずしもシェイクスピア直筆のものではなかった。他者の編纂・改変はあったが、"シェイクスピア"というブランドに統一したのだ。今日わたしたちが目にする/手にする"シェイクスピア"の作品は、真実シェイクスピアなる者の手で書かれたことに依拠しない。シャルチエ氏はオシャレな言い回しでこう述べた、「書物は著者をつくりあげ、書物は著者そのものになる」。

 百年千年の目で見ると、この、オリジナリティをありがたがる時代は、ここ300年になるのではないか。そして、現代とはその300年の最後の時代なのではないか。それより以前では、現代のわたしたちが「オリジナリティ」と呼んでいる本の中身に相当するネタは、共有物だった。現代のわたしたちが「著者」と呼ぶ人は、そのネタを演出して(解釈して/翻訳して/注釈して)書き記す無名の存在だった。そして、「書かれたもの」のデジタル化によりオリジナリティは喪失し、著者は「その本を書いた原作者」としての意味を失い、300年前に戻る。即ち、「共有されたネタを時代に合わせて演出する人やグループ」に対するブランド名になるのではないか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    新駐米大使で慰安婦問題が解決か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    韓国の大学生調査 敵国1位は日本

    NEWSポストセブン

  3. 3

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  4. 4

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  5. 5

    トヨタ EVシフトに異次元の構え

    片山 修

  6. 6

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  7. 7

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  8. 8

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  9. 9

    葛飾区の1票差当落 都裁決に憤慨

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    志村けん新・側室はアノ女優の娘

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。