記事

甲状腺がん いっそがんと言わない方がいいのかも 大阪大学頑張れ

3月1日のNHKニュースです。(原発事故 甲状腺がんの子ども 約1割の8人再発し再手術)NHK科学文化部もツイートしています。

何が問題なのか。同様の記事を出した毎日新聞と今回のNHKに対して大阪大学が専門家として反論されています。(対毎日対NHK

毎日新聞のこの記事
>甲状腺がんと診断され療養費を給付した114人(福島県内84人、県外30人)のうち、県外の子どもらに重症化の傾向があることを明らかにした
に対して
>おそらくNPO法人の見解をそのまま書いたのではないか
>記者が内容をきちんと理解して書いたのであれば悪質なデマ、理解せずに書いたのであれば著しく不勉強です
>条件の全く違うこの2群を比較することは意味がありません(統計学の基本中の基本です)
と科学的に全く意味がないと評価をされています。

またNHKの記事
>事故当時福島県内に住んでいた84人について基金が術後の状況を調べたところ9.5%に当たる8人ががんを再発して甲状腺を摘出するなどの再手術を受けていたことがわかりました。
に対して
>1.福島の子供の再発率は非常に低い
>2.超音波による早期診断・早期治療は無駄である
>3.福島県では甲状腺がんの過剰な治療が行われている可能性がある
甲状腺がんが普通のがんとは異なること、そして考え方を変えなければいけないことを説明されています。そう子供の甲状腺がんは大人の甲状腺がんと異なるし、まして肺がんとか他のがんとは異なると説明されています。

その上で
>このような専門的な内容を含む報道は情報提供者の見解を一方的に伝えるのではなく、きちんとした専門家のコメントと一緒に報道されるべきだと思います。報道機関の方々にはご自身が福島の子どもたちにとって加害者の立場になりえることを自覚した上で慎重な報道を望みます。共同通信の記事には専門家の意見が記載されていますが、匿名でしか意見を述べることができない専門家のコメントは信用に値しません。
匿名の医師の無責任も指摘されていますが、報道機関の勉強不足を強く叱責されています。

私はこんなツイートをしました。
善意から行動しているだろうNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」。ただそれが医学的に正しいかどうか。そしてそれが正しくなければ加害者となり、それをNHKと毎日新聞は助長していることを理解する必要があります。

いっそ甲状腺がんは死に導くがんと言わない方がいいのかも。

あわせて読みたい

「がん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ワコール炎上広告 原因は手抜き

    中嶋よしふみ

  2. 2

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  3. 3

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  4. 4

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  5. 5

    栄元監督 会見後にキャバ嬢同伴

    SmartFLASH

  6. 6

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  7. 7

    ひろゆき氏 災害時のSNSデマに喝

    AbemaTIMES

  8. 8

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  9. 9

    編集者に絡む水道橋博士の古臭さ

    Hayato Ikeda

  10. 10

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。