記事
  • Dain

"読むとは何か"を長い目で「読書の文化史」

1/2
Dokushonobunkasi「読むとは何か」を考える読書。

読むとは常に、目の前のテクストに対して取り組むこと。そのため、あらためて「読むとは何か」と問われると、途端に見えなくなる。「読んでいる自分」をメタに語れればよいのだが、むつかしい。最近(といってもここ十年くらい)、ハイパーテクスト論や情報のインデックス化は、しつこく聞かされる。しかし、もっと長期スパンで見た場合、どういう変化が起きるのだろう(起きているのだろう)。これを考えるためには、やはり歴史からのアプローチが適切になる。

フランスの歴史学者、シャルチエと考えてみよう。ロジェ・シャルチエ氏は来る9月7日、国会図書館で公演をする。タイトルは、「本とは何か。古代のメタファー、啓蒙時代の諸概念、デジタルの現実」。さらに福井憲彦氏と長尾真氏を交えて鼎談をする。長期スパンで考えるよい契機となるだろう。先着順なのでお早めに↓

国民読書年記念ロジェ・シャルチエ氏講演会「本と読書、その歴史と未来」

予習の一冊目は 電子書籍で騒ぐ人に「書物の秩序」だったが、今回は「読書の文化史」で考えてみる。本書では、16〜18世紀アンシャン・レジームの時代において、印刷された文書が、どのように社会的影響を与え、どんな思想を生み出し、権力との関係性を変えていったかが展開される。シャルチエ氏は、わたしが常識(?)だと思考停止していた部分に対し、別の視点から考察する。あらたな知見が得られたのは収穫だが、同時に、彼の視点は今の電子書籍の風潮にも適用できるから面白い。以下まとめる。

わたしが無批判に信じていたものに、「グーテンベルクの印刷革命が、知の独占を教会から解放し、モンテスキューやヴォルテールの書物がフランス革命を起した」がある。さらに、「活版印刷による書物の普及が、読書形態を、音読から黙読に変えた」という言説がある。

まずシャルチエ氏は、「書物が歴史に直接的な力を持つ」という考えを戒める。書物が提供する新しい思想や表象は、読者に自然に刷り込まれるようなものではないと断言する。王や王政から人心が離れたことを、哲学書の普及のせいだとするのは、危険な発想だという。

その根拠として、当時の店の看板を指摘する。なんでもかんでも「王様風」という名前をつける風潮があったという。王様風牛肉料理、王様風菓子、王様風靴みがきなど、王のシンボルの借用は、多用されるにつれ、王の価値を貶めることになったという。これは王政への敵意からではなく、王様風とは「よい」「すばらしい」という比喩で用いられたという。モンテスキューやヴォルテールがウケたのは、それ以前に王政が貶められ、卑俗化していた下地があったためであって、その逆ではないというのだ。

つまり、社会の風潮に書物が決定的な影響を与えるのではない。もともとある方向へ回復不能なほど傾いており、「そっち向き」の本がベストセラーになることで、その方向が強く認識される、と考えるべきだという。しかし、わたしはよく間違える。ベストセラーを掲げては、その本が時代を創ったとみなすのだ。ベストセラーは時代を象徴するのに役立つが、この場合はシャルチエ師匠が正しいだろう。

次にシャルチエ氏は、「(活版印刷による)安価な書物の普及が黙読文化を作った」を批判する。黙読が西洋に現れたのは「グーテンベルク革命」のはるか以前、古代末期のキリスト教徒の読書行為に現れ、13世紀のスコラ学者たちの間に伝わり、その一世紀あとに世俗社会に普及したという。儀礼のため大声で音読されることもあれば、書斎に引きこもって自分のために静かに読まれもする。シャルチエ氏は、共同でなされる朗唱にあてられる部分の体裁と、信心を育むために黙読される部分の体裁が異なっているという。読むことにおける革命が、書物そのものの変容よりも先行していることを指摘する。

この指摘で、面白い「未来」が見える。すなわち、未来の読書の形態が、今のそれ(黙読)と異なっているならば、その変化は既に現れていることになる。たとえば、このblogを続けるようになって、わたしに現れた変化で説明するなら、それは協力読書/共同読書になる。本を、わたし単独ではなく、他の誰かと一緒になって読むのだ。読解の下調べのため誰かの論文を参照したり、同じ小説を別の切り口で斬ってもらう。

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    U-mobileが使い放題通話付き超格安SIM開始

    ネタフル

  2. 2

    "仕事ができない人"は情報感度が低すぎる

    Hayato Ikeda

  3. 3

    日本の入国旅行者数が著しく少ない背景とは

    小澤 徹

  4. 4

    場当たり的な日銀の追加緩和 ツケは国民へ

    近藤駿介

  5. 5

    "どぎつい"フィギュア販売に出資する政府

    BLOGOS編集部

  6. 6

    外務省は北朝鮮に馬鹿にされている

    長尾敬

  7. 7

    スマホ市場でサムスンを追い越したシャオミ

    大西宏

  8. 8

    東洋経済"リクスーは黒選べ"記事に疑問の声

    キャリコネニュース

  9. 9

    非エリート大学の職業訓練校化に賛成の声

    キャリコネニュース

  10. 10

    ちょうどいい生命保険料は手取りの3~5%

    出口治明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。