記事

埼玉県産米「彩のきずな」、初の特A獲得で注文相次ぐ 「どこに行けば買えるのか」「種を買いたい」

日本穀物検定協会が発表した「2017年産米の食味ランキング」が話題だ。今まで28年連続で「特A」を獲得してきた「魚沼産コシヒカリ(中越地方のコシヒカリ)」が初めて特Aを逃した。

一方、埼玉県・県東の「彩のきずな」、高知県・県北の「にこまる」、佐賀県の「夢しずく」の3種は初めて特Aを獲得した。埼玉県産米が特A評価を受けるのは26年ぶりで、ランキング発表を受け、「彩のきずな」には注文や問い合わせが増加しているという。

生産者にとってAと特Aは「オリンピックの金と銀みたいなもの。大きく変わる」

画像は彩のきずな特設サイトのキャプチャ

画像は彩のきずな特設サイトのキャプチャ

食味ランキングは白飯の味や香りなど6項目が評価対象。複数産地コシヒカリのブレンド米を基準とし、基準米より特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、おおむね同等を「A'」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B'」とする。2017年産は151点が出品され、うち43点が「特A」、76点が「A」、32点が「A」を獲得している。「B」と「B'」を受けたものはなかった。

埼玉県農林部の担当者によると「彩のきずな」は県が9年がかりで開発し、2014年に品種登録された。粘りが強くもっちりした食感で、タンパク質が多めのため、甘みと旨みのバランスが良いという。15年産から出品していたが、15年産はA'、16年産はAと、特A獲得には至らなかった。

基準米と同程度を意味する「A」評価の米も十分美味しいそうだが、「生産者にとってAと特Aの違いはオリンピックの金と銀みたいなもの」(県担当者)。16年産の評価時には生産者から「あと一歩だった、惜しかったね、という声が出ていた」という。

「やはり特Aとなると、生産者の気持ちは大きく変わりますね」

発表から一夜明け、県には消費者から「彩のきずなはどこに行けば買えるのか」といった電話やメールが数件来ている。生産者からも、種を買いたいと問い合わせがあったという。

「ランキング発表後、楽天市場での注文数が相当増えました」

幸手市にあるJA埼玉みずほさくらファームは、「私達も今朝評価を知ったばかり。これからアピールしていこうと、今は店頭用ポップを作っているところです。今週日曜日に試食会を開催することも検討しています」と、売出しに力を入れる。

JAいるま野では「彩のきずな」を楽天市場に出品しているが、「昨日の発表後に注文が相当数増えました。管轄内の直売所への問い合わせもあります」と、こちらも反響は大きいようだ。

彩のきずなは現在、埼玉県内で生産される米の1割程度を占める。スーパーや量販店にはあまり置いておらず、JAの直売所を中心に販売されている。

あわせて読みたい

「埼玉県」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  2. 2

    価格破壊QBハウス 値上げは責務

    自由人

  3. 3

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  6. 6

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  7. 7

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  8. 8

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  9. 9

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  10. 10

    安倍首相は改憲案そのまま出すな

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。