記事

前場の日経平均は大幅に3日続伸、3週ぶりに2万2500円台回復

[東京 27日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比307円22銭高の2万2460円85銭となり3日続伸した。前日の米ダウが大幅高となり、VIX指数<.VIX>が一段と低下し、投資家心理が改善。主力株を買い戻す動きが広がった。日経平均は取引時間中としては2月5日以来、3週間ぶりに2万2500円台を回復した。

TOPIXは1.00%高で午前の取引を終了した。セクター別ではサービス、海運を除く31業種が上昇。値上がり率トップは鉱業で、電気機器、非鉄金属がこれに続いた。午前の東証1部売買代金は1兆2220億円。日経平均の上昇率は1.39%とTOPIXを上回った。ファーストリテイリング<9983.T>やファナック<6954.T>、東京エレクトロン<8035.T>、ソフトバンクグループ<9984.T>など値がさ株の上昇が寄与している。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言が控えているが、「出だしから市場を荒らすような発言が出るとは思えない」(しんきんアセットマネジメント投信・運用部長の藤原直樹氏)との見方もあり、投資家の間に過度な警戒感が広がるには至っていない。

東証2部総合<.TSI2>やTOPIXスモール<.TOPXS>は小幅高。JPX日経中小型株指数<.JPXNKMSC>は小幅安となり、中小型株よりも大型株が選好される展開だった。

東証1部の騰落数は、値上がり1279銘柄に対し、値下がりが708銘柄、変わらずが77銘柄だった。

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    森友ゴミ問題 朝日一面は誤報か

    和田政宗

  3. 3

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  4. 4

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  5. 5

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  6. 6

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  7. 7

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  8. 8

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  9. 9

    「学歴<血筋」虚構新聞に納得?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    橋下氏 のど飴退席の市議に理解

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。