記事

【米朝の雪解けか】

ピョンチャンオリンピック、終わってしまいましたね。それを受けて、にわかに北朝鮮の動きに注目が集まっています。

気になるのが、トランプ政権の大人(adult in the room)と呼ばれてきたマクマスター大統領補佐官の辞任説。後任にはタカ派のボルトン元国連大使の名前も挙がっているということで、北朝鮮との関係にどう影響するのか。

[画像をブログで見る]

Los Angeles TimesはWarmed by Olympics, Koreas hint at talks(オリンピックの融和モードで南北が対話を示唆)の中で、「冬季オリンピックによって朝鮮半島で生じた外交的な雪解けは、アメリカと北朝鮮におる対話に発展することを示唆した」と伝えています。

北朝鮮がアメリカとの対話の用意がある考えを示したと韓国側が発表し、これに対してアメリカ政府は「北朝鮮が非核化を実現するまで最大限の圧力をかける必要がある」という声明を出して、非核化が対話の前提条件だという姿勢を示したと報じています。

Washington Postは、The White House’s “bloody nose” strategy on North Korea sound Trumpian. So why do his aides hate it?(北朝鮮に対する鼻血作戦はトランプらしく聞こえるが、側近は同意せず)の中で、「トランプ政権の北朝鮮政策を表す言葉として、bloody nose(鼻血)ほどふさわしいものはない」と伝えています。

これは、北朝鮮がアメリカを射程にした核攻撃をあらゆる方法で事前に阻止するという戦略ということですが、トランプ政権の高官は誰もが「私は言っていない」としています。

誰もが否定するので、政府高官が発信源を探したところ、去年12月20日の英Daily Telegraph紙がキム・ジョンウン氏の注意を引きつけるため「北朝鮮の鼻を一発殴る」が表現のもとのようだと報じています。

トランプ大統領の「北朝鮮を完全に破壊する」や「(キム・ジョンウンは)リトルロケットマン」の発言同様にインパクト大で、政権の政策を象徴するようになっています。

北朝鮮に新たに科す制裁が「軍事衝突の回避に向けた最後のチャンスになるかも」と公言するマクマスター大統領補佐官は、bloody nose(鼻血)のイメージを払拭するため、 部下に対して既存の戦略を補完するためにstubbed toe(つま先をぶつけて青くなること)戦略に着手するよう冗談っぽく指示したと締めくくっています。

そのマクマスター大統領補佐官の去就をめぐる報道も。CNNは、McMaster could leave WH after months of tension with Trump(マクマスター、トランプとの対立の果てにホワイトハウスを去ることも)の中で、マクマスター大統領補佐官が辞任する可能性を報じました。

「トランプ大統領とマクマスター大統領補佐官の緊張が高まっていることを受けて、国防総省は、補佐官を軍に戻すため準備をしている」ということで、三つ星から四つ星に格上げしたうえで適した司令官の職を探しているそうです。

一方で、大統領との確執があまりに大きいことから格上げは難しいという見方も紹介しています。駐韓米軍の司令官のGeneral Vincent Brooksやアフガニスタンに駐留しているGeneral John Nicholsonの後任などが候補だとしています。

Foreign Policyは、このCNNの報道を受けて、McMassacreと問いかけています。McMasterと虐殺のMassacreをひっかけた言葉で、マクマスター氏が大統領補佐官としての命が短いことを示唆。

さらに、国連大使だったJohn Boltonが後任の大統領補佐官として名前があがっていると伝えています。そうなった場合、「北朝鮮に対して、よりタカ派的なアプローチをとるだろう」としています 。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  6. 6

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  7. 7

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  8. 8

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  9. 9

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。