記事

アジャイルの上場(IPO)は今からでも辞めた方がいいのでは

1/2

3月はIPOが多い季節。3月IPO承認の発表が増えゆく今日この頃でしたが、なんとネット系の2018年初IPOは、大穴も大穴の、アジャイルメディア・ネットワークでした。(以下、アジャイルと表記)

発表は2月21日水曜でしたが、今記事を書いているのは2月24日0時を回ったあたりで、これほどまでにインターネット業界で話題にならないIPOがあるのか!じわじわと感じています。すららネットの方が、まだ多少話題を見かけたなレベルです。

ネット系のIPOはそれなりの案件であれば、昨今はウメキワークスの月額マガジンで紹介していますが、その価値はないというのと、「このIPOに価値はあるのか」という論点を世に提示したく、IPOネタですが久々にTheStartupに投下してみました。

common_ogp

ブロガーネットワーク事業に2018年現在で将来性感じる?

事業内容ですが、えっと…「アンバサダープラットフォーム」という、ブロガーをネットワークして、広告記事を書かせる事業です。

今は2018年なのですが、私が記載を間違えたわけではありません。

ブロガーをネットワークして、広告記事を書かせる事業です。

インスタグラマーをネットワークしているわけでは、ありません。

内容的には2006年くらいの内容で、2006年にはドリコムがブログで上場しましたし、ソーシャルマーケティングとやらで2013年にはアライドアーキテクツが上場しています。

アジャイルのこのタイミングでの上場というのは、2016年のはてなの上場に?並の、いや、それ以上の?さです。悪い意味で、業界関係者は度肝を抜かれた人が多いでしょう。

事業領域として、2週くらい周回遅れの事業です。まだ、インスタグラマーのネットワークなら、かろうじて理解できますよ?

でも今は、2006年ではなく2018年です。干支を間違ったのではないだろうか。。あ、でもアジャイルの創業は2007年だそうです。

これからブログの時代が来るのでしょうか。国内最大手と思われるアメブロも下火でしょうし、ライブドアブログが来る!とかの時代なのでしょうか。

参考までに、はてな株の推移は下記の通りです。

DWvF7QsUMAAmpan

ブロガーネットワーク事業、儲かるんですかね

スクリーンショット 2018-02-24 0.47.01

スクリーンショット 2018-02-24 0.35.21

1の部から拝借しました。まず昨年のPLでは営業利益0.66億です。過去データは今回貼りませんでしたが、2015年売上4.98億、2016年売上5.54億と、辛うじて伸びてはいます。

すごい雑な推計ですが、売上をアンバサダー企業プログラム導入数で割ってみるとこんな感じです。

スクリーンショット 2018-02-24 0.55.07

企業数は増えていて、単価は下がっています。アンバサダープログラムに、企業は年間1,100万円もかけてるんですね。企業HPみると、カプコンとかコーセーとかが載ってます。

本誌をご覧の皆様なら誰しもが気づく通り、2018年ですから、ブロガーではなく、インスタグラマーやYouTuberに金が流れていく時代です。

いや待てよ。アンバサダーということで、インスタグラマーやYouTuberも含まれるかもしれない…!と思いましたが、1の部を検索しても、インスタグラムへの言及はありませんでした。下記のような内容も1の部には記載があります。

スクリーンショット 2018-02-24 1.00.23

厳しい環境の中で様々な課題に対処していくことが必要であると認識。

いや、ブログでアンバサダーに特価という戦略がそもそも時代遅れで、課題を認識していなくないですか?ズレていませんか?と感じたのは、私だけでしょうか。

ググってもブログ市場規模は、かなり昔のデータしか出てきませんでしたが、はてなの決算を見ると、UB(ユニークブラウザ)は伸びているということで、ひょっとするとまだ成長産業なのかもしれません。レイトマジョリティに行き渡る頃合い、なのでしょうか。

ひょっとすると、私には見えていない世界があるのかもしれない。

しかし、インターネット業界に8年くらい身を置いている私の感覚では、ピークアウトした市場に思えてなりません。しかし、アジャイルの売上と利益は一応伸びているのですね。

ちなみに最近、twitterでインフルエンサーマーケティングの実数値(フォロワー数これくらいで、クリックこれくらいだった)が効果低いと話題になっていた画像?か何かを見かけました。

ブロガーマーケティングのみならず、インフルエンサーマーケティング自体、かなりの水物であり、効果があるのか疑わしい側面があるかと思います。

想定公募時時価総額17.3億、適用PER18倍

<想定価格・業績>
公開日発行済株式総数:654,000株
想定公募価格:2,640円
想定公募時時価総額:17.3億円
公募株式数:70,000株
発行体調達額:1.85億円
2018年通期会社予想当期利益:0.97億円
2018年通期会社予想適用PER:18倍
主幹事証券会社:みずほ
監査法人:トーマツ

スクリーンショット 2018-02-24 1.14.01

今期予測も出した上での、数字周りです。想定価格は変動する可能性もあるので、なんとも言えませんが、想定公募時時価総額17.3億は、2013年以降ウメキワークスでカバーしたネット銘柄の中では、ホープの18.8億を下回る、最低の規模です。

今期予測でもPER18倍というのは、個人的にはみずほ証券は適切な仕事をしたと思います。アドテクでもなんでもないただのブロガーの人力ネットワークなので、高いPERを正当化する理由は一つもありません。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    eスポーツ認めぬ体育会おじさん

    倉持由香

  4. 4

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  5. 5

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  6. 6

    豊洲とヤクザ アワビ密猟の実態

    NEWSポストセブン

  7. 7

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  8. 8

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。