記事

全てのゲーム会社に考えて欲しい「プロ認定制度」の問題点と新しい提案

1/2
さて、Yahoo!ニュース側のコラムで報じましたが、先のエントリで私自身が疑義を呈した日本eスポーツ連合がついていた嘘は確定となりました。まだそちらを読んでない方は、リンク先へどうぞ

ということで、JeSUがこれまで「高額賞金」と呼んでいたものは、実は従前から景表法運用基準に存在してきた「労務契約に基づく仕事の報酬」としてのゲーマーへ提供されているものであり、けして彼等がこれまで宣伝してきたような「JeSUのプロ認定制度が実現した」ものではなかったわけです。そして、この事実が判明した事によって、幾つかの新たな問題が見え始めています。

①「仕事内容に相応な報酬の支払い」

これは先のYahoo!ニュース側のコラムでも述べた事でありますが、景表法運用基準が従前から「景品にあたらない」としてきた労務契約に基づく仕事への報酬でありますが、これは本来「その仕事内容に相応する報酬」の範囲で限定的に認められてきたものです。また、少なくともコレまでの類似する運用例では、そこで提供される報償を「賞金」と呼称することも相応しくないとされてきました。JeSUがこれを「高額賞金」と呼び続けることは、景表法上、非常に大きな問題を孕んだ行為となります。

②副業禁止規定への抵触

また、賞金ではなくそれが「仕事の報酬」であったことにより、新たに生まれたのが多くの正業を持つゲーマー達が直面する各企業や団体の定める「副業禁止」問題です。

ゲーム大会で獲得する「賞金」は本来、我々がパチンコや競馬などで獲得する賞金と同様の「一時所得」と呼ばれる所得です。これは税法上「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」と定義され(参照)、明確に「労務や役務の対価としての性質を有しない」とされています。即ち、ゲーム大会で賞金を獲得したとしても、多くの企業や団体がその従業員に定めている副業禁止規定に抵触するものではありません。

ところが今回、JeSUが提供している「賞金」は実際は労務契約を通じて支払われる「仕事への報酬」である事が判明しました。当然ながらこれは、多くの企業が定める副業禁止規定に抵触する所得となります。JeSUによるプロ制度は、多くの正業を持つゲーマーにとっては、けして幸せにならない制度であるという事が判明してしまったわけです。

このことは実はJeSU自体もこれまでコッソリとwebサイトの片隅で説明しています。以下、JeSUプロ認定制度の初適用となった闘会議2018大会に掲載されていた但し書き(現在は削除されている)。

img_20180211_071522

引用:企業その他の団体と雇用関係を結んでいる(本業がある)状況下で本ライセンスに基づくゲーム大会に出場をしますと、副業とみなされるおそれがあります。該当する方は今一度、ご自信が所属されている団体の服務規律をご確認いただきますようお願いいたします。

③プロ認定制度が生む「プロ/アマ」の溝

そして、この副業禁止規定が生み出す大きな問題が「プロ/アマ」の間に横たわる深い溝です。実は今回、私が「JeSUの提供する賞金は本当は労務報酬なのではないか?」という疑義を呈した直後から、幾人かのゲーマーの方からコンタクトがありました。その内容は「実は、今回のJeSUのプロ制度の発足で、私自身はプロゲーマーへの道を諦めました」とのものです。

彼等は現在、特定のゲームタイトルにおいて優秀な成績を収めている、いわゆる上位ランカーでありながら、一方でそれぞれ他に正業を持つ兼業ゲーマーであります。実は、eスポーツの世界はゲーム一本で飯を食っている人間というのはホンノ一握りであり、多くのプレイヤーがこのような兼業ゲーマーで構成されているのが実態です。

ところが今回JeSUの推進するプロ認定制度が登場したことで、彼等は上記の副業禁止規定との兼ね合いから「どちらを正業として選ぶか」を迫られた。しかしJeSUの認定する「プロ」は、あくまで「労務報酬としてゲーム大会で報償を得られる権利」を付与するだけのものであって、その所得を保証するものではありません。「自身のキャリアや家庭の事情など様々な背景を考えると、正業としている職を捨てるワケには行かない」。それが彼等が下した決断であったとのことです。

「仕事の報酬としてゲーマーに報償を提供する」というJeSUが提案しているプロ認定制度は、実はこのようにプロとアマチュアの間に存在する「セミプロ」と呼ばれる分厚い層をゴッソリと排除してしまう制度でもあるわけです。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計学園の「嘘」は極めて不自然

    大串博志

  2. 2

    新潟少女殺害 容疑者家族に疑問

    女性自身

  3. 3

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  4. 4

    内田前監督に日大OB「情けない」

    文春オンライン

  5. 5

    加計学園はマスコミに全てを語れ

    早川忠孝

  6. 6

    夫の年収1500万円でも半数は不満

    キャリコネニュース

  7. 7

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  8. 8

    日大選手の寛大な処分求め嘆願書

    AbemaTIMES

  9. 9

    悪者から逆転した日大選手の謝罪

    かさこ

  10. 10

    日大と首相に共通するルール破り

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。