記事

なぜ「楽天の株は騰がらない」のか?

■なかなか騰がらない「楽天」株

 トランプ相場による米国株高に連動する形で、日経平均株価も2万円台が定着しつつあり、株価が最高値を更新している銘柄が多数ある中、純利益が最高値を更新しているにも拘らず、騰がらない株もある。その代表的な銘柄の1つが「楽天」株になる。
 私も一応、楽天の1株主なので、株主としての意見を率直に書いておきたいと思う。

 「楽天の株が騰がらない」、これは多くの楽天株主の意見でもあると思われるが、三木谷社長本人の意見でもある。先月の携帯電話事業参入の記者会見の場で三木谷氏は、「残念ながら、われわれの実力が(株価)に反映されていないと思っている」と述べている。昨年の2月には「足元の株価は割安で、我々の想定する企業価値と大きな開きがある」とも述べている。

■「公募増資」と「自社株買い」の矛盾

 思えば、楽天の株が下がり始めたのは、2015年に公募増資を発表した頃と軌を一にしている。2015年4月10日に株価が最高値2395円を付けた後、6月に公募増資発表、1株1905.5円で1807億円を調達したものの、その後、2年以上に渡って株価が下がり続け、現状では1000円を割っており、2月9日に905円の年初来(増資来)最安値を付けている。

 株式投資の格言に「半値八掛け二割引」というものがある。この格言を楽天の株価に適用すると、766円ということになる。(あくまでも参考値)
 ちなみに、ビットコインに適用すると、最高値が240万円で計算すれば70万円台になる。実際、ビットコインもその辺りで反転しており、一旦、半値の120万円まで戻している。ビットコインのような信用担保の無い仮想通貨は、指標とするものがないせいもあるのか、案外、定説通り(格言通り)に動くものなのかもしれない。

 2017年12月期の楽天の決算は、純利益が2.9倍となり、初の1000億円を突破した。しかし、携帯電話事業への参入をリスクと見る向きもあるのか、なかなか株価が騰がらない。

 楽天は2017年2月に「1000億円の自社株買い」を発表している。取得期間は2018年2月21日までということなので、一応、今週で終了したことになる。
 2015年に1807億円の公募増資を行い、2017年に1000億円の自社株買いを発表する。これなら結果的に初めから公募増資を行わなかった方が良かったのではないか?と思った株主は多いと思う。
 楽天モバイルが好調であるにも拘らず、リスクをとって携帯電話事業に参入、これも短期的に見れば結果的に株価を下げる要因になってしまったようにも見える。

■楽天に必要なのは「増配」

 多くの人は「楽天の株が騰がらないのはアマゾンのせい」とも言う。しかし、楽天の最も利益を上げている部門は金融業なので、あまり信憑性があるとも思えない。
 では、何が問題なのか? 個人的には、単純に配当が低過ぎることが原因ではないかと思う。楽天の年間配当は現状で1株450円なので、配当利率で言えば、0.4%しかない。銀行よりは遥かにましだとは言え、リスクを取る投資家から見れば、お世辞にも魅力ある高配当とは言えない。

 アメリカのグーグルやアマゾンは無配当だが、株価が騰がることによって株主に利益を還元している。成長著しい最先端企業は、株主配当よりも設備投資を優先する方が、結果的に株価を上昇させることに繋がるので、無配でも株を買う人がいる。しかし、もし株価が騰がらない(下がり続けている)のに、無配当でいれば、即座に売られてしまうだろう。キャピタルゲインか配当のどちらか一方を満たさないと、その株は株主にそっぽを向かれてしまう。

 そう考えると、楽天の株を騰げる最善の方法は、取り敢えず、配当を上げることだと言える。配当を上げることが呼び水となり、株主が増加して、株価が騰がっていくという好循環が生まれる。高業績であるにも拘らず、この最も重要な株価政策が滞っているために楽天の株価は騰がらないのではないかと思う。楽天の場合、多くの株主優待があるが、優待よりも配当を重視するべきだと思う。

 日本の場合、株価を安定させる最も重要な要素は、結局、安定的に配当を出すことだと言える。実際、年率3%以上の配当を出している上場企業の株式は、比較的に安定している。含み損を抱えて塩漬けになっても3%の配当金があれば、そのまま持っておこうという株主は多いと思う。5%以上の高配当企業が滅多にないことが、そのことを如実に物語っている。

 「われわれの実力が(株価)に反映されていない」のは、その通りかもしれないが、残念ながら、株価が思ったように騰がらない(投資家に評価されない)のであれば、正攻法で投資家に評価されるようにするべきだと思う。
 「増資」や「買収」や「自社株買い」よりも、高業績企業である楽天の「増配発表」、これこそが、楽天のイメージと株価を押し上げる最も有効な手段だと言える。

あわせて読みたい

「楽天」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  2. 2

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  3. 3

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  4. 4

    大阪の大型地震「初めはドーン」

    THE PAGE

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    盗聴取材の共同記者に真相直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    レスリング騒動は栄氏だけが悪か

    舛添要一

  8. 8

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  9. 9

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  10. 10

    イオン苦境 要因は衣料品の不振

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。