記事

うどんチェーンにも「ちょい飲み」の波 伏兵は山田うどんか

【山田うどんの新業態「県民酒場ダウドン」(東京都清瀬市)】
【丸亀製麺も「ちょい飲み」需要の取り込みを模索】

「丸亀製麺」「はなまるうどん」など大手チェーンを筆頭に、いまや女性客やファミリー層からも人気の立ち食い・セルフサービス式のうどん店。市場調査会社の富士経済によれば、そば業態も含めたその市場規模は2000年代から右肩上がりで、2545億円。総店舗数は8240店にも及ぶ(2017年見込み)。

 提供時間は概ね5分以内。かけうどんや釜あげうどん、釜玉うどん、トッピングの天ぷらなども充実、手軽な外食としてすっかり定着している。それでいて各店とも客単価は500円前後と財布にもやさしい。

 だが、そんなセルフ式うどん店で差別化を狙う動きが起きつつある。いま流行りの“ちょい飲み”需要の取り込みだ。外食ジャーナリストの中村芳平氏がいう。

「節約志向の高まりや、残業せずに家飲みするサラリーマンが増えたこともあり、居酒屋業界は総じて苦戦していますが、ちょい飲みは別。会社帰りに食事も兼ねてフラリと立ち寄り、数杯のお酒を飲んでも1500円程度で収まれば大満足ですからね。

 夜のちょい飲み客を多く掴んでいるのは、『サイゼリヤ』や『日高屋』、最近でいえば『吉野家』など牛丼チェーンも手掛ける中、それらに割って入ろうとしているのが蕎麦やうどんの業態です。

 もともと蕎麦はビールや日本酒を飲んだ後のシメに食べる人が多いため、うどんもアルコールとの相性がいいのではないかと。ラーメンで有名な『一風堂』も『博多うどん酒場イチカバチカ』を展開していますからね」(中村氏)

 店舗数787店と圧倒的な規模を誇るセルフ式うどんの丸亀製麺は、すでに一部店舗でちょい飲みを実施している。30分1000円飲み放題(ビール・ハイボール・レモンチューハイ他)で、うどんまたは親子とじ、それに好きな天ぷらと惣菜が2品ついてくるなどのサービスを実施して好評を博す。

 さらに、丸亀製麺を運営するトリドールホールディングス(HD)は昨年、100円台のつまみや500円以下のアルコール類を豊富に揃える立ち飲み居酒屋「晩杯屋」(運営会社/アクティブソース)を買収。本格的にちょい飲み戦線に参入した。「いずれ、晩杯屋の酒・つまみ類を丸亀製麺に取り入れるコラボ展開もあり得る」(外食専門誌記者)

 丸亀製麺以上に旺盛な出店攻勢で464店にまで増えたはなまるうどんは、やはり一部店舗で生ビールなどのアルコールを提供しているものの、今のところちょい飲みを前面に押し出した戦略は取っていない。

 だが、はなまるの業績はいまや運営母体の吉野家ホールディングスを下支えするほど堅調で、HD社長の河村泰貴社長は、はなまる買収後に経営の立て直しに尽力した、いわば“うどん通”。折しも牛丼の吉野家ではちょい飲みの「吉呑み」も人気となっているため、こちらも今後の居酒屋展開から目が離せない。

 そんな中、うどん居酒屋の新潮流に強力な“伏兵”が現れた。本拠地のある埼玉を中心に関東圏で165店舗を展開する「山田うどん」だ。

「埼玉のソウルフードとしてファンも多い山田うどんは、以前から主力のうどんの他に野菜炒めやさば味噌煮、パンチと呼ばれるもつ煮込みなど、お酒によく合うサイドメニューが充実していて、ちょい飲みに適した業態でした」(前出・中村氏)

 地元店舗では家着で集合してちょい飲みする「山田飲み」も普通の光景だというが、山田うどんの進化形ともいうべきうどん居酒屋がついに登場した。昨年12月、西武池袋線清瀬駅にオープンした「県民酒場ダウドン」だ。

 昼10時~15時は定番のうどんや丼を提供し、17時~23時が夜の部。60種類に及ぶ一品料理やアルコール類を豊富に取りそろえる。例えば、海老、キスなど海産物の串天(200円)や山わさびのポテトサラダ(380円)、アサリの酒蒸し(480円)、鉄なべ麻婆豆腐(480円)など、酒のつまみがズラリ。肝心のうどんもアテうどんとしてマーラー焼うどん(600円)ほかを加えた。

 アルコール類の充実にも驚く。レモンサワーだけでも特性シロップ入り、自家製漬け込みレモン入り、生絞り、フローズンと4種類(各280円)ある。また「琵琶のさざ浪」や「越生梅林」など埼玉の地酒(各グラス500円)も用意する。

 ネット上では〈もう少し近くにあったら通っちゃう〉〈もっと都心でも展開しましょう! きっと流行りますよ〉など、店舗拡大に期待する声が高まっている。

「今後、ちょい飲みどころか本気飲みもできる“夜の山田うどん”が都心部や駅前の好立地に進攻してくれば、他のうどんチェーンにとっては間違いなく脅威になると思います。

 もっとも、郊外のロードサイド型店舗も、これまでは車で来る人が多いのでなかなかアルコール類を充実させることが難しかったのは事実です。ただ、いまはノンアルコールビールもありますし、ファミリーで食事ができる進化形のちょい飲み業態ならば転換する余地は十分あるでしょう」(中村氏)

 果たして、ちょい飲み以上、居酒屋以下の「うどん酒場」がどれだけ客足を伸ばすことができるか。

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  2. 2

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  4. 4

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  5. 5

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  6. 6

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

  8. 8

    総裁選で「圧力」と騒ぐ自民の愚

    深沢明人

  9. 9

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  10. 10

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。