記事

地球最後のフロンティア「海底地形」を解明せよ!国際プロジェクトSeabed2030が本格始動

映像提供:日本財団

2030年までに海底地形図の100%完成を目指す国際プロジェクト「Seabed2030」の記者発表会が20日、東京で開かれました。

実は、これまで判明している地球の海底地形は15%程度。つまり、海底地形の85%がまだまだよくわかっていないのです。これは月や火星の地形図よりも進んでない状況で、実際に海底を調査してみると、2000m級の山や谷が突如現れることもあるとか。まさに「地球最後のフロンティア」がそこにあるんです。

ここまで読んで「海底の地形がわかると何かいいことがあるの?」と思った方もいるでしょう。実は海底地形を把握することで、安全な船舶航路の確保や気候変動、津波の進路予測、海洋資源の調査など、さまざまな情報の精度が上がるといわれているのです。多くの人が学校で習ったように、地球表面の7割は海ですから、その影響は大きいと考えられます。

現在の地形図がこちら。めちゃくちゃ立体的で細かいように思えますが、細かな調査ができているのはたったの15%。 画像提供:日本財団


「海底地形図は人類の生存に不可欠」

今回本格始動した「Seabed2030」は、100年以上前から海底地形図を作り続け、GoogleMAPでも利用されているGEBCO(大洋水深総図)と日本財団の共同国際プロジェクト。現在のところ、世界9カ国、28の研究機関が参加を表明しています。

「海底地形図は人類の生存に不可欠」と語る日本財団の笹川陽平会長

本プロジェクトを支える日本財団の笹川陽平会長は会見で、

「人口70億を超える中で、果たして海洋は1000年持つのでしょうか、あるいは1万年持つのでしょうか。どの程度人類の負荷に耐えうるのでしょうか。この70億人が住む地球上の海底の地形がわからなければ、様々な自然災害を含めて、人類の生存にとって重要な基礎的なデータがないに等しいのです」

と語り、海底地形図を完成させることは人類全体の利益になると説明。「海底地形図は人類の生存に不可欠」とも述べ、本プロジェクトの重要性を訴えていました。日本財団は今後、「Seabed2030」に対し、2030年までにシードマネーとして合計20億円を拠出すると発表しています。

技術の進歩でめちゃくちゃクッキリ。海底地形調査の方法とは

また、会見では100年以上前から海底地形図を制作し続けるGEBCOの谷伸指導委員会会長が登壇し、実際の海底地形図を紹介しながら調査の方法を説明していました。

GEBCOの谷伸指導委員会会長

実は、今後地震の原因となるといわれている「南海トラフ」も海底地形の調査の過程で分かったもの。過去の海底地形図では見つかっていなかったんです。実際の地形図がこちら。

こちらが第3版の海底地形図。これでも細かく見えますが… 画像提供:日本財団

第5版でさらに細かく!丸で囲んだところにNANKAI TROUFHの文字も 画像提供:日本財団

確かに第3版には南海トラフがない…!海底地形図の精度を上げることで、災害予測の精度も高くなるという好例です。

海底地形の測量は現在、音波を用いたマルチビームソナーという装置を搭載した船で行っています。しかし、その方法で実際に調査が行えているのは地球上のごく一部。下の地図の白い部分が、まだデータのない地点になります。

白い部分がまだまだ多い。グレーのところは大陸です

ここで冒頭の地形図をもう一度見てみましょう。詳細な調査をしていないはずなのに、ほぼすべての海の海底地形図が描かれていますよね。これはなぜかというと、宇宙から人工衛星を用いて、海面のデコボコを観測しているからなんだそう。

記事冒頭で示した地形図。全ての海域の海底地形が描かれている 画像提供:日本財団


人工衛星を用いた調査を図解。海面の高さから海底地形を推測します

現在、GEBCOでは全世界で9億個のグリッドを使って海底地形図を作成しているといいますが、谷氏も「まだまだ精度が足らない」とより細かな調査の必要性を語っていました。

マルチビームソナーのデータと人工衛星を利用したデータでは、どの程度の差が出てくるのか。実際の海底地形図で比較してみると…

こちらは人工衛星を利用したデータ。これでも結構細かいですが…

船とソナーで調査するとここまでクッキリ!海底の谷間もしっかりと映っています

パッと見ただけでわかるほどの差があります。今後10年かけて、すべての海底地形図を下の地形図のレベルに近づけていくというわけです。

今回のプロジェクトでは未開の海域の調査以外にも、世界中に散らばった政府、民間企業などが持つあらゆる未公開データの収集も行う予定。その過程では無人の調査船やデータのクラウドソーシングなど、新技術の導入も期待されています。

実際の調査の様子。 映像提供:Schmidt Ocean Institute/ 日本財団

3Dで海底地形を見ることもできる。 映像提供:Schmidt Ocean Institute/ 日本財団

まだまだ解明されていないことが多い海底地形、人類の未来がかかっているという大事な調査ではありますが、思わずワクワクしてきませんか?

[ PR企画 / 日本財団 ]

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  2. 2

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  3. 3

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  4. 4

    モリカケ批判を続ける野党に呆れ

    北尾吉孝

  5. 5

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  6. 6

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  7. 7

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  8. 8

    小室圭さん 結婚一時金を辞退も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松本人志 持論撤回せず批判続出

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。