記事

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時300円超 米株安で警戒感

[東京 22日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比258円61銭安の2万1712円20銭となり、大幅反落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を受けた米金利の上昇を背景にダウ<.DJI>は引けにかけて下げ足を速め、166ドル安で取引を終了した。米国株安に伴い相場の先行きへの警戒感が強まり、日本株に対しては序盤から幅広く売りが優勢の展開となった。日経平均の下げ幅は一時300円を超えた。

TOPIXは続落。前日比0.96%安で午前の取引を終えた。東証33業種全てが値下がりした。下落率トップは鉱業で、鉄鋼がこれに続いた。東証1部の午前中の売買代金は1兆2975億円。日銀によるETF(上場投信)買いへの思惑が下値を支え、前場後半は幾分、下げ渋る動きもみせた。

市場では「米国株の短期的なリバウンドが一巡した印象。ボラティリティ―も過去と比べればまだ高水準にある。当面、不安定な動きが見込まれるほか、円高への懸念も根強く業績面からも強気にはなりにくい」(水戸証券・投資顧問部チーフファンドマネージャーの酒井一氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり435銘柄に対し、値下がりが1564銘柄、変わらずが66銘柄だった。

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  5. 5

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  6. 6

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  7. 7

    安倍官邸が検察の森友捜査介入か

    田中龍作

  8. 8

    よしのり氏 靖国参拝をした理由

    小林よしのり

  9. 9

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  10. 10

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。