記事

最近の小差による勝敗逆転事情

昨年11月の葛飾区議選で一票差で異議申し立てをしたところ2票の無効票が出て、当落が逆転したと報道されています。

最近、結構、ニュースにはなりませんがこうした小差で異議申し立てを行うケースが増えています。これも電子投票だったら、見直しもできませんよね。オフの投票だからこそ見直しができるといえます。

大体、3票違うとまず逆転はないといわれます。また最近は無効票も増えています。これは期日前投票とかで、”動員”されて投票所に行ったものの、実は入れたい人がいない、といったケースも散見されるとのことです。やはり納得の上、投票所に行ってもらわないと1票にはつながらないということですよね。

それにしても沖縄の期日前投票はすさまじいです。この前の名護の市長選、44.4%ですから。そのうち、期日前投票が5割という時代も来るのかもしれませんね。そうなると投票日に選挙運動ができないという公選法も、また一つ意味がなくなってきます。

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  4. 4

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  9. 9

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。