記事

最近の小差による勝敗逆転事情

昨年11月の葛飾区議選で一票差で異議申し立てをしたところ2票の無効票が出て、当落が逆転したと報道されています。

最近、結構、ニュースにはなりませんがこうした小差で異議申し立てを行うケースが増えています。これも電子投票だったら、見直しもできませんよね。オフの投票だからこそ見直しができるといえます。

大体、3票違うとまず逆転はないといわれます。また最近は無効票も増えています。これは期日前投票とかで、”動員”されて投票所に行ったものの、実は入れたい人がいない、といったケースも散見されるとのことです。やはり納得の上、投票所に行ってもらわないと1票にはつながらないということですよね。

それにしても沖縄の期日前投票はすさまじいです。この前の名護の市長選、44.4%ですから。そのうち、期日前投票が5割という時代も来るのかもしれませんね。そうなると投票日に選挙運動ができないという公選法も、また一つ意味がなくなってきます。

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  4. 4

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  5. 5

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  7. 7

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  8. 8

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  9. 9

    小室圭さん 結婚一時金を辞退も

    NEWSポストセブン

  10. 10

    増税直前の駆け込み買いは大損

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。