記事

韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%


【南北は融和ムード、共通の敵は日本(AFP=時事)】

 韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。

 2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を挙げたのは半数以上の54.3%にのぼり、2位の「北朝鮮」(21.4%)を大きく上回った。日本人にとっては衝撃の結果だ。

 こうしたメンタリティーは韓国社会全体を覆っている。

 昨年大ヒットした韓国映画『コンフィデンシャル/共助』は、韓国と北朝鮮の刑事が極秘でタッグを組んで捜査をするというストーリー。北朝鮮側刑事を演じたのは、日本でも人気のあるイケメン俳優ヒョンビンで、警官というより特殊部隊のような壮絶アクションを繰り広げる。

 日本でヒットした『シュリ』や『JSA』でも、北朝鮮の工作員や兵士が「純粋無垢な存在」として描かれた。

「韓国では北朝鮮の人々に、経済成長によって韓国人が失ってしまった朝鮮民族本来の素朴さや優しさのイメージを抱いている。だからそういうキャラ付けをしがち」(韓国の新聞記者)

 日本を扱う韓国映画がことごとく反日的なのとは対照的である。

※週刊ポスト2018年3月2日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    信頼ない? 進次郎氏の欠点は独身

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  10. 10

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。