記事

韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%


【南北は融和ムード、共通の敵は日本(AFP=時事)】

 韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。

 2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を挙げたのは半数以上の54.3%にのぼり、2位の「北朝鮮」(21.4%)を大きく上回った。日本人にとっては衝撃の結果だ。

 こうしたメンタリティーは韓国社会全体を覆っている。

 昨年大ヒットした韓国映画『コンフィデンシャル/共助』は、韓国と北朝鮮の刑事が極秘でタッグを組んで捜査をするというストーリー。北朝鮮側刑事を演じたのは、日本でも人気のあるイケメン俳優ヒョンビンで、警官というより特殊部隊のような壮絶アクションを繰り広げる。

 日本でヒットした『シュリ』や『JSA』でも、北朝鮮の工作員や兵士が「純粋無垢な存在」として描かれた。

「韓国では北朝鮮の人々に、経済成長によって韓国人が失ってしまった朝鮮民族本来の素朴さや優しさのイメージを抱いている。だからそういうキャラ付けをしがち」(韓国の新聞記者)

 日本を扱う韓国映画がことごとく反日的なのとは対照的である。

※週刊ポスト2018年3月2日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  3. 3

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  4. 4

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

  5. 5

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  6. 6

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  7. 7

    元オウム菊地氏 住所特定に恐怖

    菊地直子

  8. 8

    山田洋次作品で光る林家正蔵の技

    松田健次

  9. 9

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  10. 10

    ワコール炎上広告 原因は手抜き

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。