記事

裁量労働制に勤労者は本当に反対?

裁量労働制について野党は猛反対しているが、これは勤労者(労働者)の意見を本当に反映しているのだろうか。

ちなみに私がいた当時のNHKでは、残業代が払われる「一般職」から、裁量労働制の「専任職」になった際に給料は上がるとともに、勤務時間の自由度が増した。

アナウンサーでも取材にかなり行っていたので、こうした制度は有難かった。

企業によってもそうした特性を持つ企業はあるし、実際に勤労者からそうした声も聞いている。

裁量労働制の導入にあたっては、労使協定の締結か労使委員会の委員の5分の4以上の多数による議決が必要。

すべての企業に無条件で裁量労働制が導入されるかのような議論を展開する野党はおかしいのではないか。

もちろん無謀な長時間労働は規制されるのは当然であるが。

『企画業務型裁量労働制』(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/roudou/kikaku/

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  4. 4

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  5. 5

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  6. 6

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  9. 9

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。