記事

英、日本企業引き止めも 駐英大使「利益出なければ去る」 不透明なブレグジット後


Drop of Light / Shutterstock.com

イギリスのメイ首相主催のビジネス・ラウンドテーブルが2月8日に開催され、在英日系企業18社の代表と鶴岡駐英大使が参加し、EU離脱を踏まえたビジネス環境の確保について、英閣僚との間で議論を行った。会談後のインタビューに答えた鶴岡大使は、「利益が出なければ日本企業に限らずイギリスに留まる企業はない」と苦言を呈し、EU単一市場へのアクセス維持の重要性を強調した。

◆日本はイギリスの主要貿易国。日系企業の不安は大きい

 ウェブ誌『クオーツ』によれば、イギリスにとって日本は10番目に大きい貿易相手国で、約1000社の日系企業がイギリスにあり、14万人の雇用を生んでいる。EU離脱が決定した後、日本の金融機関が拠点を他のEU加盟国に移転すると発表したり、日産がイギリス工場の業務を他へ移動する可能性を示したりしており、離脱後が見えないことが、両国の貿易関係に影を落としている。

 このような状況のもと、大使の発言は英メディアに重く受け止められたようだ。インデペンデント紙は、ブレグジットによって日本企業が受ける影響への懸念をありのままに表した発言だと解説する。フィナンシャルタイムズ紙(FT)は、EUとの最終合意への準備期間において、メイ首相のブレグジット交渉担当者たちが「一か八かの賭け」に出ていることへの警告としている。

◆日本はソフト・ブレグジット希望。決定の遅さにイライラ

 FTによれば、日本政府はメイ首相に対し、イギリスが単一市場で持つほとんどの権利を離脱後も維持できるようにEUと交渉するよう求めている。しかしクオーツ誌によれば、メイ首相と閣僚は、イギリスは単一市場に留まる必要はなく、世界の国々と自由貿易協定を結ぶことができると主張している。ラウンドテーブルでは、メイ首相は「産業戦略」やブレグジットによる「チャンスとチャレンジ」などについて述べたというが、企業やメディアの関心は、離脱後のEUとの関係にあったようだ。

 今後は離脱のための移行期間に入り、イギリスはこれまでとほぼ同様の単一市場へのアクセスをしばらく維持することができそうだ。しかしラウンドテーブルに参加した日系企業の代表者からは、移行期間を設けるのは良いが、それを口実に離脱後のビジネス環境のあり方についての決定を遅らせてもらっては困る、という厳しい意見も出たという。このような明確な方針を知りたいという要望もあってか、できる限り関税なし、摩擦なしのEUとの貿易関係を確実なものとするために、早急に交渉に入ることの重要さが参加者の間で確認された。(FT)。

◆それでも日英は一枚岩?フランスは牽制

 インデペンデント紙によれば、イギリスの閣内では長期の離脱プランについての話し合いがまとまらず分裂し、メイ首相が頭を悩ませているという報道もある。しかし、鶴岡大使は、英政府はしっかりと結束し、離脱に対応しようとしているという印象を受けたと述べている。

 またFTによれば、ラウンドテーブルに参加した企業側も、場の雰囲気は「ポジティブ」で、英閣僚たちは日本側の不安をなくすことに熱心で、聞く耳を持っていたと話している。鶴岡大使は、参加企業すべてが完全にイギリスにコミットしたままであることを明確にしたと述べており、信頼関係が維持されていることを示した。

 一方ブルームバーグによれば、先月末に来日したフランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外相は日本のビジネスリーダーたちと面会し、「EUでのイギリスのプレゼンスは終わった」として、日本企業はそれを認識すべきだと述べた。イギリス・EU関係を規定する規則は従来ほど好ましいものではなくなり、イギリスを特別扱いしないとも付け加えた。同氏は、フランスには日本企業をできるだけ歓迎してもらいたいと述べ、日本企業も自分の利益を考え、終わったイギリスとではなく、EUメンバーのフランスと取引をすればよいという趣旨の発言をしている。

Text by 山川 真智子

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  4. 4

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。