記事

「元号」って言うほど使うか?~伝統って、我慢すべきものなのでしょうか~ - 山本 一郎

 先日、中日新聞の「考える広場」というインタビュー欄に、今上天皇のご退位に伴って改元される元号の是非について語ったんですよ。

 個人的には「日本の伝統を引き継ぐ意味でも元号を維持するのは構わないけど、経済合理性からするといちいち計算するのが面倒だし、公文書や統計表などは西暦に統一するか、元号との併記にしてほしい」という見解を述べたわけです。


新元号「平成」を発表する小渕官房長官(当時) ©時事通信社

改元ってそれほど日本文化の伝統に沿ってるのか?

 そしたら、ネットの変な人から自称右翼までいろんな人からメールやメッセージをいただき、何というか、まあいろんな意味で参考になりました。

考える広場「元号のある風景」
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=525798&comment_sub_id=0&category_id=562

「元号はもう西暦と併用でいいんじゃないか」と中日新聞に語ったら変なのが来た件 - やまもといちろう 公式ブログ
https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13173382.html

 中でも多かったのは「日本の伝統だから死守するべき」とか「日本文化の象徴とも言える和暦を軽々しくキリスト暦に変えるのはけしからん(原文ママ)」などといった、情緒的な意見であります。脊髄反射と申しますか、一種のアレルギー反応みたいなものでしょうか。

「元気モリモリご飯パワー」

 もちろん世の中にはいろんな意見の方がいて社会が成り立っているわけですから、各位ご高説は拝読するわけなんですが、そもそも改元するにあたって考える前提はそれなりにあります。一番大きいのは、改元ってそれほど日本文化の伝統に沿ってるのか? という話でありまして、我が国において天皇一代でひとつの元号を使う「一世一元の制」が実施された時期は、明治維新にあたる1868年の慶応から明治への改元からであって、その後は明治、大正、昭和、平成と続いてきました。

 この150年ぐらいの仕組みを伝統と呼ぶかどうかは大変に微妙なところであります。ここから新しい元号が「元気モリモリご飯パワー」になるのどうのという話も出ておりましたが、いまだ詳細は不明です。新元号は「国民の生活に根付いた」M、T、S、H以外の頭文字の単語や造語になりそうですので、うっかり「残業」とか「過労」とか「混迷」などにならないといいなあと祈る次第であります。

【速報】平成の次の元号が「元気モリモリご飯パワー」に
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/52025506.html

元号制度そのものに合理性を加えては、と思う事情

 世間を見渡せば、伝統の皮を被った良く分からないものというのはたくさんあります。最近では、恵方巻の起源を巡って喧々諤々議論がされましたが、最終的にコンビニで大量の恵方巻が廃棄処分にされるニュースとともに「どうでもいい」という結論に終わったようであるのが印象的です。そもそもお盆って何で休むんだっけ、さくらの咲く季節に入学シーズンを迎えるからギャップイヤーが問題なんじゃないか、いつの間にか戦後以降我が国の習慣として定着してしまったクリスマスやハロウィーンやバレンタインデーなどといった事案も大量に横たわっていて、良く分からん風習は増える一方です。


川崎市のハロウィーンの様子 ©iStock.com

 一方、私が今回元号そのものにもうちょっと合理性を加えられるような改革をしたほうがいいんじゃないかと思う事情としては、単に新元号対応に追われるシステムエンジニアの残業を減らしてあげたいという話だけでなく、暮らしていくうえでの不便が絶えないということがあります。

 最近はお役所も西暦併記の統計資料を出してくれるようになって少しは良くなったのですが、昔からいまに至るまでの年度管理というのはそれなりに大変なものがあります。オイルショックは昭和何年だっけ、あれ、それって西暦いつだっけみたいな単純なものに始まり、昭和48年から平成22年までって合計何年だったか咄嗟に出てくる人はそう多くないと思います。

ケアレスミス誘発マシーンのようなもの

 会社や不動産の登記を上げてみて出てくる和暦、官公庁が出す書類の元号の羅列、どれも確かに日本の伝統ではあるけれど、仕事で扱えば扱うほどこれは分かりにくいしケアレスミス誘発マシーンのようなものにも感じられます。便利さだけが文化じゃないと頭では分かっていたとしても、海外の統計資料と見比べるときに和暦を西暦に直すためだけにマクロを組んだりする手間や、何か間違っているんじゃないかと見直してみて立ちはだかる元号の壁というのは言葉に尽くしがたいものがあります。


©iStock.com

 日本の風習や伝統があるから劣っていると言いたいわけではなく、趣や情緒が絡むのもまたよしとは言え、例えばいまなお使われる微妙な制度に印鑑制度があります。きょうびデジタルなこの世の中で印影偽造し放題であろう印鑑を公的に役所に登録して、わざわざ証明書を添付しないと各種公的手続きが進められないとか異常にだるいわけですよ。古い通帳から資金を動かすのにどの印鑑で登録したのか分からなくなって銀行の窓口に並んで二度手間三度手間という事態にも事欠かず、この伝統を守るために国民はどれだけ不便をしているのか考え直す必要があると思うんですよね。

伝統の持つ意味も知らず、我慢する風潮

 ほかにも、戸籍制度ってどこまで意味があるんだろうか、夫婦別姓はどう判断するべきなのか、敷金礼金は、飛び級もない学校制度などなど、日本の停滞というのは制度の硬直化、制度疲労が原因なんじゃないかと思うのです。それも、戦後復興を成し遂げたものの、その後バブル崩壊を経て少子高齢化で国力が停滞から衰退に陥るこの日本社会で、いまなお各所で「人口や経済の右肩上がりを前提にした制度」や「各構成員の我慢を前提にした画一的な組織を良しとする風潮」がなかなか改まらない。

 子供の制服にしても、なぜ小学生は一部の学校で半ズボンを履くことが決められているのか、子供にとっておそらくは重くかさばるであろうランドセルが強要されているのか、悩みは持ちつつも「それが決まりだから」と我慢する保護者は多いはずです。伝統と言えば伝統だけど、その伝統がどういう意味を持つのか知らされず理解する機会も無いまま、それに我慢するほかないというのもまた変な話で。

 大学を潰さない制度にしても、そもそも生まれる日本人の数が減少しているのだから、高度人材の育成が国力確保に必要だとしても教育機関が過剰なら教育者や研究者一人当たりの使えるお金の額は減るし教育の質も担保できません。そうなると、留学生でもいいからとにかく学生を入れるために呼んで来いとなって、海外から来てくれた学生さんの何割かがコンビニでバイトして生活しているという本末転倒な事態に陥るわけであります。


宮内庁提供 2009年、天皇陛下御即位20年に当たり全国各地から寄せられた記帳簿を御覧になる天皇皇后両陛下

元号が変わるタイミングで何を考えるべきか

 必要なことは、伝統の中でも日本の芯に相応しい哲学・思想に基づいた制度を残しながら、より経済的に合理的なほう、国民にとって選択肢が増えるほうに、社会を進化させていくための改革をするべきなんだと思うんですよ。企業と雇用者の関係でサービス残業の問題がなかなか改まらない状況でプレミアムフライデーをやってみたり、働き口もなく遊ぶ場所もない魅力不足な地方だから若者が都会に出ていくことを防ぐための地域振興予算を老人にばら撒いたり、せっかくこれから元号が変わろうかというところで旧態依然とした仕組みで動いている現状では困ります。

 たぶんですが、国民はみんな「どうにかしないといけない」と思っていると感じます。でも、やろうとすることは、全員が直面している生活や仕事の苦悩と希望で各々違っているのだから、制度として必要なことは「新しい制度を模索して切り替える」だけではなくて「その人にあった生き方が認められるよう、可能な選択肢を増やす」方向にならざるを得ないと思います。

 なので、元号が折角変わるタイミングなので、そういう日本の風習の中で改廃するべきものを議論するための年間、みたいなものにすればいいと思うんですけど、なんかそういう雰囲気じゃないんですよね。もう元号は「元気モリモリご飯パワー」でいいんじゃないでしょうか。

(山本 一郎)

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カーリング藤沢五月の誘惑で決着

    文春オンライン

  2. 2

    羽生と宇野にアウェイがないワケ

    THE PAGE

  3. 3

    舛添氏語る東京マラソン経路変更

    舛添要一

  4. 4

    カー娘 銅獲得の裏で貫いた精神

    女性自身

  5. 5

    下町ボブスレー 敗因は検証不足?

    美谷広海

  6. 6

    女性専用車への反対活動は逆効果

    赤木智弘

  7. 7

    Twitterのbot削除 右派に大打撃

    NewSphere

  8. 8

    橋下氏 二重国籍は堂々と認めよ

    橋下徹

  9. 9

    結婚延期 雅子さまの予感が的中?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    朝生の「女性論客特集」に違和感

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。