記事

実質GDP10-12月期年率+0.5% 8四半期連続成長 内需がけん引

[東京 14日 ロイター] - 内閣府が14日に発表した2017年10─12月期国内総生産(GDP)1次速報によると、実質GDPは前期比で0.1%増加、年率換算で0.5%増加した。プラス成長は8四半期連続で、1986年4─6月期から1989年1─3月期まで続いた12四半期連続以来、28年ぶりの長期成長となった。内需の強さが鮮明となり、民間消費と設備投資の二本柱がしっかりプラスとなったほか、外需のマイナス寄与も内需の好調を反映したものとみられる。

ロイター事前予測は前期比0.2%、年率0.9%だった。結果はこれをやや下回ったが、内閣府幹部は「前期より成長は低いが、引き続きプラス成長を維持した。高成長ではないが、内需中心で持ち直しが続いている」とみている。

民間消費は前期比プラス0.5%となり、2期ぶりに前期比プラス。携帯電話や自動車、飲食サービスなど前期に減少した項目を中心に増加した。設備投資は同プラス0.7%となり、5四半期連続のプラス。工作機械などが増加に寄与しており、企業の高収益や低金利を背景に、人手不足に伴う省力化投資や建設投資も活発化しているもようだ。

外需の寄与度はマイナス0.0%。輸出は米国向けが減少したが、アジア向けが好調。工作機械や自動車などを中心に前期比2.4%伸びた。他方で輸入は内需の強さを反映し、2.9%増となった。品目は携帯電話などが伸びている。輸入の高い伸びが、統計上、外需の寄与を打ち消す形となった。

GDPデフレータは前年同期比横ばい。国内需要デフレータは同プラス0.5%と4四半期連続でプラス(横ばいを含む)となった。名目GDPは前期比年率マイナス0.1%だった。

*内容を追加します。

(中川泉 伊藤純夫)

あわせて読みたい

「GDP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  4. 4

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。