記事

MUFJ、LIBOR不正操作巡る米訴訟で3000万ドル支払いへ

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFJ)の三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作を巡り、米国での訴訟で3000万ドルを支払うことで合意した。

前週9日、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁に提出された暫定和解文書で明らかとなった。正式な和解には判事の承認が必要となる。文書のなかでMUFJは不正は行っていないと主張している。

この他、シティグループ、ドイツ銀行、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェースが和解に応じている。これらを合わせた和解総額は2億3600万ドル。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「三菱UFJ銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 愛媛県知事の人間性疑う

    鈴木宗男

  2. 2

    総理の関与を証明した加計新文書

    宮崎タケシ

  3. 3

    日大選手が「指示あった」と明言

    AbemaTIMES

  4. 4

    日大会見はベッキー炎上と同構造

    MAG2 NEWS

  5. 5

    橋下氏 カンパ募る弁護士は下品

    橋下徹

  6. 6

    能力主義の職場は無能な上司揃い

    非国民通信

  7. 7

    武井壮 日大選手の会見に「闇」

    キャリコネニュース

  8. 8

    トヨタ社長「生意気」承知で発言

    片山 修

  9. 9

    安倍総理の全面否定は説得力ない

    大串博志

  10. 10

    カンニング竹山 日大選手を擁護

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。