記事

MUFJ、LIBOR不正操作巡る米訴訟で3000万ドル支払いへ

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFJ)の三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作を巡り、米国での訴訟で3000万ドルを支払うことで合意した。

前週9日、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁に提出された暫定和解文書で明らかとなった。正式な和解には判事の承認が必要となる。文書のなかでMUFJは不正は行っていないと主張している。

この他、シティグループ、ドイツ銀行、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェースが和解に応じている。これらを合わせた和解総額は2億3600万ドル。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「三菱UFJ銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。