記事

ビートたけし「半年間つけ狙った男」の正体がわかって思わず説教

ビートたけし「半年間つけ狙った男」の正体がわかって思わず説教

 2月5日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)で、ビートたけしがストーカーのような男性に半年間つけ狙われていたことを明かした。

「TBSから出ると半年間毎週見ている男がいた。若い衆に『アイツが動き出して、こっちに来たら守れよ』と言っていた。半年して、急にリュックに手を伸ばして、色紙を出してきた。『サインください』って。そいつに説教してやった。『ハナからサインくれ』って言えばいいんだ」

 単なる臆病なファンだったと明かして、笑いを誘っていた。

 実は、たけしは過去にもストーカーめいた人物からの被害を明かしている。2013年6月8日放送の『情報7days ニュースキャスター』(TBS系)では「助監督にしてくれ」と自宅の前で待ち構えている者がいると話していた。

 だが、たけしと言えば、弟子入り志願者を無下には断らないことで知られている。かつては数十人の「たけし軍団」を弟子としていたが、現在ではもう弟子は取っていない。とはいえ、いまも志願者は絶えない。

 そんなとき、たけしはこう語ると、弟子の一人であるアル北郷がウェブ・アサ芸+で明かしている。

「悪いけど、今はもう弟子は取ってないから。まーでも、お笑いがやりたいんなら、こっちの北郷がライブをやってるから、ライブの手伝いからやらしてもらって、いろいろと勉強してみたら」

 自身も深見千三郎の弟子だった経験から、弟子志願者を決して冷遇しないたけし。そんな懐の深さが人々を魅了するのだろう。

あわせて読みたい

「ビートたけし」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  2. 2

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  3. 3

    トランプ氏 北朝鮮と「内通」か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  5. 5

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  6. 6

    坂口杏里のストリップ降板が波紋

    女性自身

  7. 7

    さんまがカーナビを使わない理由

    PRESIDENT Online

  8. 8

    田原氏「安倍首相は困難な局面」

    田原総一朗

  9. 9

    加計めぐる愛媛文書に信憑性アリ

    田中龍作

  10. 10

    拉致解決は安倍首相以外でも可能

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。