記事

ネット上の誹謗中傷に有名人が反撃、抑止効果となるか?

 ネット上の誹謗中傷を受ける一方の立場だった有名人が反撃を開始しました。横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手が、匿名掲示板に悪口を書き込んだ女性に対して損害賠償を請求したのです。

本人を特定することはいたって簡単


写真:アフロ

 井納選手は、掲示板に「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」と書き込んだ女性に対して191万円の損害賠償を請求する訴えを起こしました。

 井納選手の担当弁護士は、この書き込みが誰のものかを確認するため、掲示板管理者に問い合わせを実施。入手したIPアドレスをもとに、プロバイダーに対して個人情報の公開を求めました。今回は、井納選手が情報公開を求めていることを知った女性が、井納選手側に連絡したことで本人が特定されましたが、女性が何もしなくても、本人が特定されていたはずです。

 匿名の掲示板であれば、本人が特定されないと思っている人も多いのですが、現実には誹謗中傷された側がその気になれば、本人を特定することはいたって簡単です。

 ネット上では、「この程度で訴えられるのか」との意見もあるようですが、著名人はこうした誹謗中傷を毎日のように受けています。これまで多くの著名人は、反論すればSNSやブログが炎上して面倒になることや、有名税だとの思いもあって法的な行動を控えてきました。しかし一部の著名人は、限度を超えた誹謗中傷に辟易しており、抑止効果も考えてこうした行動に出たものと思われます。

一般人は、裁判をするだけでも大変な資金が必要

 現実には、名誉毀損で高額の賠償金が命じられるケースは少ないですが、一般の人にとっては、裁判をするだけでも大変な労力と資金が必要となり、日常生活が麻痺してしまいます。今後、著名人が本格的にこうした行為に乗り出してきた場合、相当な抑止効果となるでしょう。

 一部には、言論には言論で対抗すべきだという意見もあるようですが、ネット上の誹謗中傷は匿名を前提に一方的に相手を貶めているだけですから、言論とはいえないものです。

 また、こうした訴訟について、社会的強者が弱者に対して恫喝目的で行うSLAPP(スラップ)に該当するとの意見がネットの一部で見られますが、スラップは政府や大企業が個人に対して行う行為を指しており、名誉を毀損された個人が訴訟を起こすケースは該当しません。またスラップかどうかを判断するのは司法の場ですから、まずは訴訟を起こすというのは法的に正しい手続きといえます。

 ネット上で他人を誹謗中傷している人は、今後は訴訟されるリスクをしっかりと考えた上で書き込みをする必要があるでしょう。

(The Capital Tribune Japan)

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    山口の行方不明2歳発見 母が会見

    AbemaTIMES

  5. 5

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  6. 6

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

  7. 7

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  8. 8

    橋下氏 日本は敗戦してよかった

    PRESIDENT Online

  9. 9

    経営能力ない大塚家具のシナリオ

    ヒロ

  10. 10

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。