記事

小泉進次郎氏に電撃訪韓計画 韓国次期大統領候補が要請

【韓国からもラブコール(時事通信フォト)】

 安倍晋三・首相の平昌五輪開会式出席に賛否両論渦巻く中で、小泉進次郎氏が気になる動きを見せている。

 来日した韓国の元喜龍・済州知事と会談(1月26日)した際、「韓国映画『友へ チング』は7回も見た」「TWICE(紅白に出演した韓国の女性アイドルグループ)には日本人のメンバーが3人もいる」と意外な“韓流通”ぶりを発揮したのだ。

 知事はすかさず「招待するからぜひ韓国に来てほしい」と進次郎氏に訪韓を要請。折しも、文在寅・大統領が慰安婦合意の破棄を表明したことで日韓関係は極度に悪化しているだけに、「韓国側には日本で安倍首相以上に人気のある進次郎を招いて熱烈歓迎し、“親韓派”の印象をつくることで首相に一泡吹かせようという狙いが透けて見える」(官邸筋)と警戒されている。

 韓国側の“狙い”が読めない進次郎氏ではないはずだが、訪韓の可能性は高いという見方もある。

「知事は済州島のミカン農家出身でソウル大学に首席で合格。学生運動に身を投じて停学処分を受けたが、復学して検事となり、朴槿恵政権時に野党のハンナラ党国会議員を経て知事に当選したという経歴の持ち主。環境問題に詳しく、済州島の経営に大きな実績をあげて将来の大統領候補との声もある。

 進次郎氏も彼を高く評価しているようで、政治的に利用されないタイミングを選んで招きに応じ、将来の首脳会談のカウンターパートとして交流を深めたいという気持ちはあるんじゃないか」(自民党若手議員)

 隣国がチラつかせた餌を逆利用しようというなら、なかなか“食えない男”である。

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    小室さんの母親に紀子さま唖然か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。