記事

ビットコインの安全な保管場所は「銀行の貸金庫」

180209crypt

昨日は仮想通貨のセキュリティーに関するセミナーを開催しました。30名の方が集まり、仮想通貨の安全な管理方法と税金について専門家の話を聞きました(写真)。

銀行の通帳と印鑑を同じ場所に置いておくと盗難リスクがある事は、口座を持っている人なら誰でも理解しています。キャッシュカードの暗証番号を人に教えてはいけないことも誰でも知っています。しかし、仮想通貨の場合、何を知られるとまずいのかを理解している人が意外に少ないのです。

また、銀行口座は印鑑紛失やキャッシュカードの破損にも窓口が対応してくれます。しかし、仮想通貨の場合は、秘密鍵を紛失してしまえば、二度とアクセスできない可能性が高まるのです。

セミナーでは仮想通貨の保管場所について、大きくホットウォレットとコールドウォレットの2つがあることを説明し、コールドウォレットの3つの種類とそれぞれの使い方について情報提供しました。

大量の仮想通貨は、ネット接続からリモートされたコールドウォレットでの保管が原則ですが、コールドウォレットのセキュリティ管理をどうするかが、次の課題になります。アクセスできなくなるリスクを考えると、紙に書いたり印字したものを保管する必要が出てきますが、問題はそれをどこに保管するかです。絶対に安全な場所はありませんが、日本国内で紙に書いた情報を最も安全に保管できるのは、恐らく銀行の貸金庫だと思います。

仮想通貨というデジタルな世界のセキュリティ管理は最終的に、フィンテックとは対極にある銀行のアナログなサービスに行きつく。何とも皮肉な話です。

それでも絶対に安全なウォレットを作ることはできません。最終的には複数のウォレットに、仮想通貨を分散して保有することも必要になってきます。

今後技術革新によって、さらに安全な保管方法が出て、昨日のセミナーの内容も数か月後には価値の無い内容になっているかもしれません。技術進歩が速く、情報があっという間に陳腐化していく仮想通貨の世界。これからも定期的に情報のアップデートが必要だと痛感しました。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年2月9日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログ

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  6. 6

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

  7. 7

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  8. 8

    石破茂氏 自民党の改憲案に疑問

    石破茂

  9. 9

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  10. 10

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。