記事
  • ヒロ

富士フィルムによるゼロックス買収に感じること

アメリカの名門企業、ゼロックスが富士フィルムに買収されることになりました。私が会社に入ったころ、上司が「おい、これゼロックスしてくれ」と言っていたのですが、コピーを取るという言葉の代名詞であったこともあります。

日本企業によるアメリカ名門企業の買収という意味では古森会長、さすがだね、と思わせる部分もありますが、アメリカが凋落をまた一つ重ねたという意味でも印象的であります。

冴えないアメリカ企業は数多く名が挙がります。私が初めてアメリカに行った19歳の時、「アメリカにセブンイレブンがある!」と思ったのですが、あの当時はアメリカの会社でした。アメリカの観光地ではコダックのインスタントカメラなるものが大流行していました。

私が就職するころ、IBMといえば足元にも及ばない外資の名門でした。(今でももちろん名門ですが、パソコン事業を売った後も業績が長く冴えない時期が続きました。)リーマンショックの時にはGMもクライスラーも倒産しましたし、大手航空会社の多くは倒産経験があります。最近ではクルマが製造ラインから出てこないテスラもありますし、GEの大スランプというのもあります。一世を風靡したアパレルメーカーなども倒産や経営のかじ取りで苦労する会社は多いものです。

ゼロックスが経営のかじ取りで苦労したのは多角化で失敗したことがあげられるのかもしれません。これはGEも同じです。多角化とはリスクヘッジが本来の目的とするところですが、「あぶはち取らず」の経営になると悪循環に陥るという弱点があります。

日本が80年代後半のバブル崩壊によって負った痛手が大きかった一つに企業の多角経営がありました。その多くは不動産投資が絡んでおり、不動産価格の下落と負債額が大きく経営にのしかかりました。

なぜ、企業経営者は多角経営するかと言えば株主へのアピールと経営者の経営能力の誇示であります。「俺はこういう業界にも参入した」「新風を吹き込み、風雲児となる」という気構えでしょう。もちろん、成功する経営者も多い反面、失敗した多角化経営において多く見られたのは「フォロワー型」であります。つまり、あの企業がやっているから俺もやる、というスタイルです。

これは経営者達の集まりやパーティーでの囁き合いで「お前、まだやらないの?早くやった方が勝ちだぜ」ぐらいのノリが案外きっかけだったりするものです。経営者のインタビューではいかにも格好いいことを述べていますが、第一歩は案外不埒な理由だったりします。

ゼロックスの買収で思うもう一つの印象は「時代の移り変わり」でしょうか?前述のコダックが写真フィルムにこだわり、脱却できなかったことで倒産しました。富士フィルムはその点、脱フィルム化経営を進めたことで生き残るどころか、今回のゼロックスの買収にまで繋がったわけです。

富士フィルムに課される課題は大きなものがあります。古森会長も年齢的に実務第一線で手腕を振るうには厳しくなってくるでしょう。ゼロックスをどう調理し、富士フィルムとの相乗効果を高めるのは容易ではありません。これは日経新聞あたりのトーンとも一致しますが、企業経営のかじ取りの難しさが一段と増し、センスを持った経営者がうまくそのバトンを引き継げるかが勝負となるでしょう。

日本企業は数多くの海外企業M&Aを行っています。かつては大枚をはたいて購入した海外企業も下手くそな経営で企業価値を遺棄することも多かったのですが、少しずつ改善してきています。あのNTTは大やけどを負った海外M&Aでしたが、最近は話題にならないもののかなり積極的に進めており、しっかりと骨や肉となり、業績に貢献するようになってきています。

アメリカで経営に行き詰った会社を日本企業が立て直すという方程式が今後、成り立つようになると日本的経営は再び、注目を浴びるかもしれません。そういう意味では富士フィルムには頑張ってもらわねばならないのでしょう。そういえばテスラを日本の自動車メーカーが買収するというとんでも大予想が年末にありましたが、まんざら笑ってばかりいられないのかもしれません。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    「人生何度でもやり直せる」は嘘

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  4. 4

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

  5. 5

    舛添氏「最強の権力はマスコミ」

    舛添要一

  6. 6

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  7. 7

    福田次官は精神年齢が幼すぎる

    おおたとしまさ

  8. 8

    8割の店で禁煙 小池氏挽回なるか

    駒崎弘樹

  9. 9

    北の核実験中止 脅威は変わらず

    緒方 林太郎

  10. 10

    元ブルーハーツ梶原が語る不登校

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。