記事

10代のツイッター利用時間1日約85分 全年代で最多、フェイスブックはやや不人気

ジャストシステムは2月7日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の結果を発表した。調査は今年1月に実施し、同社が運営する「Fastask」のモニターで15~69歳の男女1100人から回答を得た。

インターネット関連サービスの中で、現在最も利用率が高いのは「Youtube」で71.8%。僅差で「LINE」(69.4%)となっている。次いで「ツイッター」(41.5%)、「フェイスブック」(37.7%)、「インスタグラム」(31.7%)とSNSが続く。

「知らない人からの友達申請は承認しない」という人が7割

SNS、やってます?
SNS、やってます?

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、LINEの1日の平均利用時間を見ると、最も多いのは「ツイッター」で59.5分。次いで「LINE」(52.3分)、「インスタグラム」(51.4%)、「フェイスブック」(47.3%)となった。

年代別に見ると、10代と20代で「ツイッター」の平均利用時間が特に長く、10代は85.4分、20代は72.5分となった。以降、10代は「インスタグラム」(65.0分)、「LINE」(62.6分)、「フェイスブック」(49.4分)、20代は「LINE」(61.4分)、「インスタグラム」(58.8分)、「フェイスブック」(57.4分)の順に多かった。

SNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム)の利用の仕方ついて聞くと、「知らない人からの友達申請は承認しない」と回答した人は「フェイスブック」が72.5%と最も多かった。以降、「インスタグラム」(63.9%)、「ツイッター」(60.8%)と続く。

「投稿する情報に合わせて公開する範囲を変更する」は、フェイスブック利用者で41.7%、ツイッターで36.2%、インスタグラムで34.9%。フェイスブックはオフラインでの繋がりを重視している人が多い、と言えそうだ。

自分のプライベートな情報は「フェイスブック」で投稿する?

「自分のプライベートな情報を投稿しない」と回答した人が最も多かったのは「ツイッター」で66.9%。以降「インスタグラム」(57.9%)、「フェイスブック」(54.5%)と続く。

「他の人のプライベートな情報を投稿しない」も1位が「ツイッター」(79.2%)で、次いで「フェイスブック」(77.6%)、「インスタグラム」(73.4%)となっている。ツイッターが両者ともに首位となった一方で、同SNSではプライベートを綴った投稿が炎上している様子もよく見られている。

情報漏えい防止という点で、SNSアカウントで他のサービスなどにログインできる「ソーシャル・ログイン」機能についても聞いた。「特に抵抗を感じることがない」と回答した人は24.2%。若い人ほど気にしない傾向にあり、「特に抵抗を感じることがない」は10代で40.0%、20代で33.5%と回答している。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  3. 3

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  4. 4

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  5. 5

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  7. 7

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  9. 9

    沢田研二 次はキャパ上の武道館

    女性自身

  10. 10

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。