記事

「#Metoo」運動でバレンタインのロマンスに変化、職場恋愛が減少

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 専門家らによると、セクハラや性的暴力を告発する「#Metoo(私も)」運動が、今年のバレンタインデーのロマンスや、長らく結婚への道筋になっていた職場恋愛に冷水を浴びせる状況となっている。

求人サイト「キャリアビルダー」の支援で昨年11月28日から12月20日に民間部門の従業員809人を対象に実施されたハリス・ポール調査によると、伝統的に交際への入り口となっていた職場恋愛を現在していると答えた回答者は36%で、過去10年で最低の割合となった。また、前年の41%から大きく低下した。

調査では、同僚同士のデートが結婚につながる確率が高いことも示しており、その割合は31%だった。

職場恋愛の減少について、一部のフェミニストはこうした変化や職場での不適切行為を容認しない「ゼロ・トレランス」はとっくに実現されているべきものだったと考えている。さらに、この運動は恋愛に不可欠な直接のコミュニケーションを誘導しているという。

女性の権利活動家ジャクリン・フリードマンさんは「パートナーへの心遣いに対してより思慮深くなれば、信頼と親密さが築かれる」と述べた。

30歳以下の若年層の意見記事を掲載している「ヤング・ボイシズ」の主任編集員リズ・ウルフさんは、この運動は「デートの力学」に重大な変革をもたらしていると指摘。「#Metooの良い一面は、セックスやロマンスに関してコミュニケーションがより重要視されるようになったことかもしれない」と述べた。

あわせて読みたい

「MeToo」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  6. 6

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  8. 8

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  9. 9

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  10. 10

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。