記事

シリコンバレー去る中国人エリート 母国の「ブラック」環境に身を投じる理由

GaudiLab / Shutterstock.com

 アメリカの大学を卒業した学生や、シリコンバレーの一流IT企業に勤める中国人たちが、活躍の場を求め中国に戻るケースが増えている。アリババやテンセントなどの大企業からAI関連の新興ビジネスまで、中国企業は飛躍的に成長しており、若い中国人エリートの興味は、シリコンバレーから母国に移りつつある。

◆成長する中国IT企業。働くなら母国

 ブルームバーグは、かつて中国人留学生は大学を卒業すると、海外での一流企業の職と市民権を求めたが、今はキャリア構築のチャンスを母国に求めていると指摘する。2017年の調査では、帰国後の就職先は、金融を抜いてテック系が1位となり15.5%を占め、2015年から10%アップしている。

 かつてアメリカの大手IT企業で働くことは、中国人にとって比類ないステータスだったという。しかしアリババやテンセントなどがアマゾンやフェイスブックと肩を並べ、新興企業の伸びも著しい今、母国の企業でも同等のステータスを得ることは可能だ。中国企業の世界進出と、人工知能や機械学習などの次世代技術を支配するという中国政府の目標を牽引するのは、アメリカで学んだ中国生まれの人材だとブルームバーグは見ている。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、過去20年にわたってシリコンバレーをお手本にし、その技術とビジネスモデルを真似てきたのが中国だと説明する。着実に中国のインターネット産業は競争力をつけ、自信もますます高まっているという。元グーグルのエグゼクティブで、中国ベンチャー企業のCEO李開復氏は、次の重要なフロンティアとされる人工知能の分野において、中国はアメリカと互角に戦うだけの人材と競争力を持っていると同紙に語っている。

◆就職は好条件。アメリカより魅力的

 中国企業は海外に住む学生のリクルートから技術者のヘッドハンティングまで盛んに行っており、大手IT企業は複数の好条件を提示しているという。

 中国は今ITバブルを享受していることから、ときにはアメリカを上回る給与が期待できる。またアメリカではガラスならぬ「竹の天井」があり中国人エンジニアは出世しにくいといわれているが、成長著しい母国の企業ではキャリア構築のチャンスも増大する。さらに、政府が最先端の研究に金銭的インセンティブを用意する上に、7.5億人のインターネット利用者がいる中国は技術者にとって壮大な実験場だ。潤沢な資金とビッグデータは、理論を現実に変えたくてうずうずする者たちにとって魅力的だとブルームバーグは指摘している。

◆IT支える猛烈社員。アメリカもうかうかできない

 このほかに、中国企業は採用の売り文句として、母国で働ける安心感を上げるとブルームバーグは述べる。しかし、フィナンシャル・タイムズ紙(FT)に寄稿したセコイア・キャピタルのパートナー、マイケル・モリッツ氏によれば、中国のテック企業の社員の働きぶりは、西洋とは全く違ったものだという。

 仕事のペースは猛烈で、管理職なら朝の8時に出社し、夜10時まで家に帰らない。技術者の場合は朝10時出勤で帰りは夜中の12時だ。旧正月などの大型連休以外はほとんど休まないし、終末に仕事が入ればだれも文句をいわず出勤してくるらしい。アメリカのスタートアップも最初の数年は同様だが、その後スローダウンするとのことで、創業10年以上でもこれが普通だという中国企業では、日本でならばブラック企業とも呼ばれかねない状況のようだ。

 オフィスも質素倹約で、高級イスやフラットパネルのモニターはほとんど使われず、皆がラップトップで仕事をする。出張のフライトはエコノミーで、ホテルは相部屋、ティーバッグは何度も使い、冬場は寒さをしのぐため、社員がコートやマフラー姿で働く企業もあるらしい。

 アメリカからの帰国者がこのような労働環境をどのように受け止めるのかは謎だが、モリッツ氏は、労働倫理こそが中国IT企業発展の理由だと見る。個人の権利やワークライフバランスを叫ぶシリコンバレーのアメリカ人とは違い、中国の猛烈社員は窮乏の記憶と個人の生活を良くしたい気持ちを労働倫理の源にしていると同氏は述べ、シリコンバレーも中国を見習うべきだと主張している。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  4. 4

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  8. 8

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。