記事

小室哲哉さんの引退は週刊誌不倫報道の潮目を変えたのか

1/2


「週刊文春」1月25日号(筆者撮影)

 『週刊文春』1月25日号が「小室哲哉“裏切りのニンニク注射”」と題して音楽プロデューサー小室哲哉さんの不倫疑惑を報道。発売翌日の1月19日に小室さんが会見し、引退を表明した。

一世を風靡した小室さんがそんな形で引退したことの衝撃もあって、賛否両論が沸騰。『週刊文春』の公式ツイッターには非難のコメントがたくさん寄せられ、「炎上」と報じられた。確かにこれまでにないほど『週刊文春』の不倫報道に対する風当たりは強く、堀江貴文さん始め多くの有名人や識者が同誌を批判した。

 小室さんは2008年に詐欺容疑で逮捕され、その厳しい状況を支えてきた妻のKEIKOさんが2011年にくも膜下出血で倒れた。それ以来、小室さんは妻の介護を続けながら、自らもC型肝炎に冒されるなど、苦難が続いてきた。そうした彼が頼ったのが今回報じられた看護師の女性だった。小室さんは会見で不倫を否定しながらも、苦しい状況の中で女性に頼った自らの弱さを涙ながらに語った。

 『週刊文春』はこの取材を昨年11月から続けていたそうで、その間に隠し撮りした映像をウェブで公開している。この間、同誌のスキャンダル報道は「文春砲」と呼ばれ支持も多かったが、今回は明らかに違う。小室さんという天才を引退に追い込んだことへの批判だけでなく、介護に携わる人たちからも同誌報道は介護に対する理解が欠けているという非難がなされた。

引退会見は大きく報道された(筆者撮影)
引退会見は大きく報道された(筆者撮影)

 こうした週刊誌の不倫報道に対する批判が今回噴き出たことについては、私が東京新聞の連載コラム「週刊誌を読む」で1月21日に指摘した後、東京新聞は同じ特報面で大きな記事にした。その後、毎日新聞もその問題を大きく取り上げ、翌週以降、雑誌などのコラムで多くの人がこの問題に触れた。

 東京新聞のコラムに私はこう書いた。

《ふと思い出すのは1986年のビートたけしさんの『フライデー』殴り込み事件だ。同誌のプライバシー侵害に怒ったたけしさんの襲撃に、編集部は言論表現への暴力は許せないという声明を発表した。しかし意に反して世間の空気は写真週刊誌に厳しく、各誌の部数が激減。廃刊に追い込まれる雑誌も出た。

今回も対応を間違えると、週刊誌報道への批判が高まりかねない雰囲気だ。小室さんは会見で今回の報道に「判決を受けたような気持ちだ」と語った。でも不倫は犯罪ではないし、それを裁くのが報道の役割ではない。これを機にプライバシー報道について議論を深めてはどうだろうか。》

 この『フライデー』襲撃事件を、その後引き合いに出す人が多かった。どうやら多くの人が、今回の事件をきっかけに週刊誌の不倫報道をめぐる市民の見方が変わった、潮目が変わったと感じたようだ。こうした動きに対して、当の『週刊文春』は翌週号でいっさい触れていない。

 恐らくこれからも基本方針は変えず、個々のケースで判断していこうということなのだろう。

 実は私は昨年12月に、一連のスキャンダル報道について『週刊文春』新谷学編集長に踏み込んで話を訊いていた。それは発売中の月刊『創』2月号の特集「出版社の徹底研究」の中に収められているが、ここで新谷編集長の発言部分を紹介したいと思う。

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  3. 3

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  4. 4

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  7. 7

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  8. 8

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    音質より内容 声のブログの挑戦

    BLOGOS編集部

  10. 10

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。