記事

アングル:アイフォーンが左右するアップル株 にじむ投資家の期待

[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 1日引け後の時間外取引で米アップル<AAPL.O>株価は乱高下。一時1%安となった後、3%高へと浮上した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の売れ行きに対する不透明感はあるが、投資家は期待感をにじませている。

アップルの主力製品は株価のリターン、ひいては投資家にとって最重要事項だ。アイフォーンを初めて発表した2007年以降、アップル株価は1200%を超す上昇となっており、S&P500の上昇率(101%)をはるかに上回っている。

昨年9月、アップルはアイフォーンXを発表した。その後、5カ月間でアップル株価は約4%上昇。アップルはこれまで10回のアイフォーン発表を行ってきたが、これまでのアイフォーン発表後の5カ月間の株価パフォーマンスをみると、今回の4%高は中程度に当たる。

発表後5カ月間パフォーマンスのうち、最も良かったのは2007年1月の最初のアイフォーン発表後で約46%上昇した。一方、最も悪かったのは2008年6月のアイフォーン3G発表後で下落率は47%超となっている。

アイフォーン発表後1年間の株価パフォーマンスでは、中央値が33.8%上昇、平均値が32.5%上昇。そのうち、最も良かったのはやはり2007年1月時で約100%上昇。最も悪かったのは2012年のアイフォーン5発表後で29.2%安となった。

2015年6月後の1年間では時価総額が25%減となった。理由は売上高が2桁増から伸び悩み、2桁減となったためだ。

しかし足元の株価は当時から70%以上回復し、最高値圏となっている。アイフォーンXに対する楽観的な見方と消費者が古いアイフォーンを買い替える「スーパーサイクル」への期待感が株価を押し上げている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  5. 5

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  6. 6

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  7. 7

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    橋下氏 香山リカ氏の指摘に反論

    橋下徹

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。