記事

仮想通貨「テザー・ショック」で大幅安

テザー(Tether)のスキャンダルで仮想通貨に不安が走っています。1月31日、米国商品先物取引委員会(CFTC)がテザーとビットフィネックス(Bitfinex)に対して召喚状を送りつけました。それが今回の仮想通貨の全面的な下げの引き金になっています。

まずビットコイン。今日は-13.7%下げました。

BTC

次にイーサリアム。今日は-9.0%下げました。

ETH

次にXRP、今日は-18.25%下げました。

XRP

なぜテザーへの召喚状がこれほどのインパクトを持つのでしょうか?

この謎を解くにはテザーという仮想通貨の価値提案を理解する必要があります。テザーは「ドルとの1:1の交換比率を維持する」ことを約束しています。つまり「余り変動しない仮想通貨」なのです。

余り変動しないということは、トレーディングの対象としては面白くありません。

しかしいつでもドルと1:1で交換できるからこそ、その他のいろいろな仮想通貨に投資する際、そのファンディング・カレンシーとして利用価値があるのです。

特に中国の投資家は中国政府の仮想通貨取引の取り締まり強化で、トレーディング活動を国外に逃避させる必要がありました。そこでまずオフショア・ドルをテザーに換え、それをいろいろな仮想通貨に投資する際の決済通貨としたのです。

さて、今回、CFTCがテザーに対してかけた疑いとは「テザーが顧客から受け取ったドルを流用し、他の仮想通貨に投資したので、それらの投資で損をした場合、顧客のドル返金要求に応えられなくなるのではないか?」ということです。換言すれば、ドルの準備不足です。

1月末、何者かがビットコインに大きな売り注文を入れたのですが、それはテザーが顧客から預かったドルを無断で投資に回していた分を、捜査が入るというので慌ててドルに戻そうとしたのではないか? という観測が出ています。真偽のほどは、わかりません。

テザーが「ねずみ講」のようなことをやっていたのであれば、一気にテザーに対する信頼そのものが崩れてしまいます。それはテザー社のみならず、多くの投資家のトレード・プランに影響を与えます。これが沢山の仮想通貨に横断的に不安が走っていることの説明になります。

折から日本ではコインチェックがNEMの盗難に遭い、出金ができない状況が続いています。それとも相まって、取引所などの業者に対する不信感が募っています。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  6. 6

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  7. 7

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  8. 8

    新たな与野党関係がIR法の成果

    木曽崇

  9. 9

    山本議員らを懲罰委付託も無効か

    足立康史

  10. 10

    酷暑でも屋外学習を実施する論理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。