記事

アマゾンジャパン社長の"日本市場攻略法"

1/2
アマゾンジャパンの存在感が年々高まっている。ヤマト運輸との配送問題、AIスピーカーの発売、金融分野への進出……。これからアマゾンはどこに向かおうとしているのか。日本進出翌年から社長を務めるジャスパー・チャン氏に、田原総一朗氏が直撃した――。

※本稿は、「プレジデント」(2018年1月29日号)の掲載記事を再編集したものです。



■ヤマト運輸の配送問題。どうなりました?

――アマゾンは最初、書籍販売のみでしたね。いまは取り扱う商品が増えた。

【チャン】私たちのミッションは、「地球上で最も豊富な品揃え」を実現すること。そのためには、オンライン上で求められるあらゆるものを探し、発見でき、購入できる場をつくること。もともと書籍にかぎるつもりはなく、それ以外のCDやDVDといったメディア、さらにファッション、ヘルス&ビューティー、その他消費者製品へと段階的に広げていきました。

――品揃えは日本独自? アメリカの本社と相談するのですか?

【チャン】ミッションや戦略はグローバル企業として同じものを掲げています。ただ、お客様に提供するサービスの内容や品揃えは各国で考えて決めています。実際、私たちが扱うほとんどの製品は日本のメーカーがつくったもの。私たちにとって大きなビジネスであるアマゾンマーケットプレイスでも、日本の販売事業者がさまざまな商品を出品しています。お客様にどうすればベストなサービスを提供できるかを、日本の人たちとともに考えています。

――「アマゾンプライム」は配送料無料などの特典が人気。会員数や売り上げはどれくらいですか?

【チャン】開示していませんが、大勢の方にご利用いただいています。

――アマゾンプライムで配達される商品は何種類あるんですか?

【チャン】現在は全世界で数千万種類以上あります。

――たくさん売れるのは素晴らしい。一方でラストワンマイル問題が起きて宅配業者が悲鳴をあげています。この問題、どうします?

【チャン】まず考えたいのが、これはアマゾンだけの問題ではないということ。オンラインショッピングはまずアメリカで、次にヨーロッパで成長しました。これらの地域でも、Eコマースの需要の伸びに従ってラストワンマイルのキャパシティを増やすことが求められるようになりました。いま同じことが日本でも起こりつつあります。それに対して、私たちは配送会社を1社に限定せず、複数の会社と協力して、その中でベストなソリューションを提供していきます。

――アマゾンがヤマトに代わる配送会社をつくったらどうですか。

【チャン】ソリューションは1つではありません。アメリカやヨーロッパの一部ではアマゾンに配送部門があります。自社のプロセスの効率化を進めたり、新たなテクノロジーを組み合わせることも必要で、さまざまなソリューションが考えられます。ただ、いまのところは複数の配送会社と組むことで対応するとしかいえません。

ヤマト配送問題
ネット通販拡大を受けて宅配ドライバーの労働環境が悪化。人手不足が深刻化した。宅配便最大手のヤマト運輸は、17年10月に個人向け料金を値上げ。大口顧客に対しても値上げ交渉を進めている。

■無人コンビニ「Amazon Go」。日本進出はいつ?

――リアルではアメリカで無人コンビニの「Amazon Go」を始めたそうですね。日本にはいつ上陸しますか。

【チャン】いまのところ「Amazon Go」はシアトルに1つのショップがあるだけ。しかもそこは社員を対象にして実験的に行っている店舗です。拡大するとしても、実験を通してもっとたくさんのことを学んでから。日本で展開する計画はまだ何もありません。

■AIスピーカーの「Amazon Echo」。日本での勝算は?

――アメリカではすでに売り出されていた「Amazon Echo」が、日本でも2017年11月から招待制で販売開始されました。これは何ですか?

【チャン】Alexa(アレクサ)という女性の名前がついたクラウドの音声サービスに対応したスマートスピーカーです。お客様がAlexaに何か質問をすると答えてくれます。今朝、私は「Alexa、今日の天気はどうなるの」と聞きました。すると、最高気温が13度で、最低気温が5度ですと答えてくれた。それで今日何を着ていけばいいか決められたわけです。

――天気を教えてくれるだけ?

【チャン】日本のAlexaには265のスキルがあります。いま人気が高いのはニュースやミュージック。JR東日本や資生堂などほかのデベロッパーも開発にかかわっていて、たとえばAlexaに「XからYまで電車で行くにはどうしたらいいのか」と聞いたら、適切なルートを教えてくれたりもします。

――グーグルもAIスピーカーを出していますね。グーグルと比べてAmazon Echoはどこが優れているのですか。

【チャン】私たちは競合の動向にあまりフォーカスしていません。ただ、胸を張っていえるのは、日本のお客様のために長い期間をかけて1からAlexaを開発してきたということ。また、先ほど説明したようにすでに多くのデベロッパーが、Alexaのスキルキットを使ってスキルの開発をしてくれている点も強みだと考えています。

――アマゾンウェブサービス(AWS)が売り上げの柱として成長していると聞きました。どんなサービスですか。

【チャン】AWSはクラウドコンピューティングと呼ばれる、ITのインフラサービスをインターネット経由で提供するサービス。アメリカで06年に始まり、日本でも7年前から展開しています。ストレージやデータベース、IoTといった100以上のサービスを個人のお客様から法人顧客、政府、教育機関、および非営利組織まで幅広いお客様にオンデマンドで提供しています。

Amazon Echo
音声だけでリモート操作できるスマートスピーカー。クラウド上の音声サービス「Alexa」に接続し、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど、日本語版は265のスキルを持つ。

Amazon Go
アマゾンがシアトルの本社に併設した、レジのないコンビニ。客は専用アプリをダウンロードして、入店時にスマホをかざす。レジで精算することなく、そのまま商品を持って店外に出ると自動的に決済ができる。

■アマゾンはEコマースの会社ではないの?

――アマゾンはEコマースの会社だと思っていました。

【チャン】私たちは自分たちのことをテクノロジーの会社だと考えています。情熱を持ってお客様にフォーカスをして、彼らの利便性を高めるために、テクノロジーを使うのです。たとえば個人のお客様には、ショッピングをやりやすくするとか、おもしろいビデオを見つけやすくするということにテクノロジーを活用しています。法人のお客様にも、コンピューティングの世界で便利なサービスをいろいろと提供しています。

――AWSのユーザーは何社?

【チャン】企業数は公表していませんが、グローバルでは190カ国以上で数百万、日本では10万以上のお客様にご利用いただいています。私たちが数字をあまり開示しない理由は2つあります。1つは、ユーザーにとってあまり重要ではないから。お客様にとって大切なのは、あくまでもサービスの中身です。もう1つは、つねに成長を続けている会社だから。いまも始まったばかりのような感覚で、日々、サービスの改善に取り組んでいます。だから規模はあまり関係ないし、私たちも意識していません。その点をご理解いただければと。

――日本ではアマゾンの成長を尻目に、百貨店や小売店の売り上げが伸び悩んでいる。この現象をどう受け止めていますか。

【チャン】アマゾンが理由で売り上げが減っているわけではないのでは。小売業全体でのアマゾンの存在はまだまだ小さいものです。その中で私たちはお客様、そしてイノベーションにフォーカスをしている。最終的に決めるのはお客様です。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  4. 4

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  7. 7

    橋下氏「米山氏は初動間違えた」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「国民民主」党名に見える排除感

    常見陽平

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。