記事

長谷部恭男と護憲派左翼は堂々と「議論」をせよ!

高森氏の「自衛権」は「個別」も「集団」も持っているのが、まともな独立国家だという意見には、基本的に賛成する。

だが、現在の日本のアメリカに対する「属国」ぶり、左右を問わず、日本人全体の尋常でない「ニート」ぶりを見ると、とてもとても・・・
『新・堕落論』で描いた通り、奴隷のルサンチマンで、「属国民」であることを「恥」とも思っておらず、なんと正当化している始末だ。

日米同盟がある限り、日本はアメリカの侵略戦争を支持しなければならない。
わしが西部邁氏と共に徹底的に反対したイラク戦争のとき、わしは従米保守やネトウヨから猛烈にバッシングされた。
その時、小泉首相や外務省はどんな態度をとった?
この時の恨みは一生、忘れない。 

韓国を見れば明白ではないか。
ベトナム戦争にも、イラク戦争にも、アメリカと共に参加している。
どうせ負ける侵略戦争で戦死した韓国兵は、何のために戦ったのか?

日米同盟を続けるのなら、日本は集団的自衛権を「封じる」ことによって、侵略戦争に加担することを防ぐ。
これしか最悪を防ぐ手立てがない。
それでも日本に米軍基地がある限り、戦争に最も必要な兵站基地を日本が担っているという罪から逃れることはできないのだが。

いつの日か、日本人が大人となって、正義を貫く勇気を持ったら、集団的自衛権の封印を解除しよう。それまでは、まず個別的自衛権を拡充する。 

少しでも自主防衛に踏み出して、侵略戦争を防ごうとする試みすら、長谷部恭男や今の護憲派左翼は水面下で山尾志桜里に圧力をかけて、妨害しようとしているし、立憲民主党も左翼を恐れて「立憲主義」を放棄しようとしている始末だ。

この国の堕落ぶりは極限まで達している。
ここから浮上するためには、赤ちゃんにハイハイを教えるところから始めるしかない。

もちろん「自衛隊明記」なんか、ハイハイですらない。
米軍におんぶにだっこで侵略戦争に参加する道だ。 

「ハイハイを教えるな!立憲主義なんか要らない!」と言う長谷部恭男と護憲派左翼を、まずは「議論」の席に座らせることだ。
彼らは「議論」もしないと言っているのだから!

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  4. 4

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  10. 10

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。