記事

コインチェック問題で仮想通貨市場に冷や水 ビットバンクCEO廣末氏「それでも先は明るいと思う」

1/2


 仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」から580億円相当の仮想通貨NEMが流出した事件。金融庁は29日、同取引所を運営するコインチェック株式会社に対し業務改善命令を出し、流出に関する原因究明や内部監査からセキュリティチェックを受けることなど再発防止策の策定を指示している。



 仮想通貨の中でも代表的なのがビットコインだが、それ以外の仮想通貨(オルトコイン)の人気も高まってきており、流出したNEMもそのひとつだ。コインマーケットキャップのまとめによると、ビットコインの20兆円を筆頭に、仮想通貨全体の市場規模は時価総額で62兆円にも上る。そのうち、NEMは9000億円に達していた。



 マネーロンダリングへの対策などが不十分として金融庁の仮想通貨交換業者には認められていなかったコインチェック。みなし業者として営業する中で、今回安全管理の不備を突かれた形となった。

 「若いメンバーが頑張ってらっしゃって、業界の発展にも貢献していた会社。アグレッシブなのは若さゆえのいい面であるとも言えるが、事業者として、あれだけの額をホットウォレットに放置していたのは言い訳ができないレベルだと思う」。



 30日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演したビットバンク株式会社代表取締役CEOの廣末紀之氏はそう話す。

 2012年に設立されたコインチェック社は、ビットコインをはじめ、NEM、イーサリアムなど、業界内でも最多の13種類の仮想通貨を取り扱っていた。しかし現在、日本国内でNEMを取り扱っている仮想通貨取引所は32社のうち3社のみだ。



 NEM人気の背景について廣末氏は「日本のとある仮想通貨の会社さんが非常に深くNEMに絡んでいて、プロモーションも行われていた。それによって関心を持たれる方が増えた。また、技術的にも先進的なチャレンジをやっていたようなので、そういうところが評価されたのでは」と説明。



 また、自社が運営する仮想通貨取引所でNEMを扱って来なかった理由について廣末氏は「お客様に提供するためには、これは絶対大丈夫だという確信がないといけないと考えている。仮想通貨によってはプロトコルの中身がブラックボックスになっているものもあり、取り扱うのは危険だ」と指摘、「もちろん体制が整っていて、それぞれの仮想通貨のプロトコルを熟知し、セキュリティ上の問題にも対応できるメンバーいるのであれば問題ないだろう。コインチェック社が、それぞれの仮想通貨に対して、どこまで確信を持ってやられていたのかはわからない」とした。

■463億円、「自己資金で払える目処があるのでは」

 取引高が4兆円を超える月もあったというコインチェック。ユーザーが仮想通貨を売買した際などの手数料が収益源で、海外の取引所で安く仕入れた仮想通貨を高値の時に利益を載せて販売することでも巨額の利益を上げていたという。今回、流出通貨の保有者26万人に対し約463億円を現預金などで補償すると発表しているが、資本金9200万円の同社にとって、500倍にも上る補償金の支払いは可能なのだろうか。



 廣末氏は「おそらく自己資金で払える目処をもってらっしゃるのではないか。コインチェックは販売所形式で、安く持っている在庫を言い値で売ることもできたし、手数料も高かったので、支払いのための原資を得られていた可能性はある」と話した。



あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  4. 4

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  5. 5

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  6. 6

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  8. 8

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  9. 9

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

  10. 10

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。