記事

2017年「パチンコホール」の倒産状況

1/2

 2017年(1-12月)の「パチンコホール」倒産(負債1,000万円以上)は29件(前年比141.6%増)で、3年ぶりに前年を上回った。負債総額は291億9,500万円(同67.6%増)で2年連続で増加、4年ぶりに負債100億円超の大型倒産も発生した。

 出玉規制で射幸性を抑えた「パチスロ5号機問題」が落ち着いた2009年以降、倒産は減少した。だが、パチンコ出玉の上限を今までの約3分の2に抑える改正風俗営業法施行規則が適用される今年2月を前に、再び増加に転じた。減少する遊技客の奪い合いで中小ホールの経営は厳しさを増し、資金力のある大手ホールが新規出店や買収で攻勢をかけている。ギャンブル依存症への対策を狙う2月の規制強化が、今後の客足にどう変化を及ぼすか注目される。

パチンコホール倒産 3年ぶりに前年を上回る

 2017年の「パチンコホール」倒産は29件(前年比141.6%増)で、前年の2.4倍増と急増した。倒産が前年を上回ったのは3年ぶり。5号機問題の影響で倒産が144件とピークに達した2007年以降、2014年を除き前年を下回っていたが、2017年は大幅増に転じた。
 負債総額は291億9,500万円(同67.6%増)と、2年連続で前年を上回った。4年ぶりに負債100億円超の大型倒産が発生、負債総額を押し上げた。

パチンコホールの倒産 年次推移

休廃業・解散は3年ぶりに減少

 2017年の「パチンコホール」の休廃業・解散は41件だった。前年より8件減少(前年比16.3%減)し、3年ぶりに前年を下回った。休廃業・解散は2008年の86件をピークに、2012年以降は50件未満の推移が続いている。
 パチンコホールは、店舗への投資負担が大きく、店舗の環境次第で大手業者が新規出店より既存店の買収に動くケースもあり、休廃業・解散を後押しする環境も出来ているようだ。

負債額別、10億円以上が前年比50.0%増加

 負債額別では、負債1億円以上5億円未満が15件(前年比400.0%増、前年3件)で5倍増と急増、構成比も半数(51.7%)を占めた。また、4年ぶりに発生した同100億円以上の1件を含む同10億円以上も6件(前年比50.0%増)と大幅に増えた。
 ただ、同1千万円以上5千万円未満も5件(前年ゼロ)と増加し、中堅規模の倒産が目立つ一方で、小規模ホールの倒産もジワジワと増えている。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  3. 3

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  4. 4

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  5. 5

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  6. 6

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  7. 7

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  8. 8

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  9. 9

    大塚家具 時代遅れの先代は不要

    猪野 亨

  10. 10

    安室と沖縄知事選に意外な繋がり

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。