記事

カップ麺 「名店監修」「PB」で進撃が止まらない


【カップ麺への支出は大きく伸びている(写真:アフロ)】

 コンビニやスーパーの棚のなかでもカップ麺コーナーに思わず惹きつけられる人は少なくないのではないか。それだけ、日々激戦が繰り広げられている場所でもある。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 カップ麺の進撃が止まらない。その勢いは、総務省の家計調査(総世帯)におけるカップ麺への年間支出金額にも現れている。全国平均で比較すると、2006年には2624円だったのが10年後の2016年には3586円に。この10年で、他のうどん・そば類などへの支出が目減りするなか、カップ麺は37%という大きな伸びを示した。

 特にこの数年の傾向として特徴的なのは”名店監修”のアイテムが続々と発売されたことだ。昨年も、Japanese Soba Noodles蔦、鳴龍、金色不如帰といったといったミシュランガイド掲載店のカップ麺が次々に発売された。

 もはや日常のものになりつつある「名店監修」カップ麺。そのレベルが高いのは言うまでもないが、近年になって新たな潮流が起きつつある。名店監修カップ麺の「多様化」と「PB(もしくは流通の限定)化」だ。

 まず「多様化」では、東京の老舗日本そば店が監修した「神田まつや 鶏南ばんそば」が挙げられる。昨年12月に日清食品から発売され、ファンの間で話題を呼んだ。実は神田まつやはこうしたコラボアイテムに積極的なそば店。この数年、鶏南ばんのほか、鴨南ばんなどいくつかのカップ麺を監修している。

 とりわけ今年の具材の鶏肉と下仁田ネギがとてもおいしかった。サイズが小ぶりになるのはやむを得ないとしても、食感や味わいから素材が想起された。こういう具材はそうそうない。特にカップ麺の場合、スープや麺が及第点でも具でがっかりさせられることが少なくない。麺や汁も(もちろん本物とまでは行かないが)好感度が高かったし、具材でもここまで味を感じられるものにしてくれるあたりに、老舗そば店とカップ麺最大手の協業にかける気概を感じた。

 その他、「多様化」という意味で昨今増えているのは、「汁なし」だ。焼きそば、まぜそば、汁なし担担麺といった汁のないカップ麺にも、名店監修の商品が増えてきているということにも触れておきたい。

 次に「PB化」について。これまで名店再現系のカップ麺は、日清食品や「マルちゃん」でおなじみの東洋水産といったナショナルブランド(NB)から発売されていた。ところが昨今では、限定された流通やプライベートブランド(PB)から名店系のカップ麺が発売されるようになった。

 例えば、冬季限定営業として話題になった山形の行列店「中華そば処 琴平荘 中華そば」や「ソラノイロ監修 ベジソバ」はファミリーマート限定のアイテムとして棚に並んだ。前者は東洋水産、後者は「サッポロ一番」のサンヨー食品が製造を請け負っている。ちなみにサンヨー食品はローソン限定の「金色不如帰 濃厚貝だし醤油そば」 も手がけていて、製造元も群雄割拠の様相を呈している。その他、イオン限定の「札幌味噌ラーメンの名店 白樺山荘」の製造元は日清食品だ。

 しかし何といっても強烈なのは、流通最大手のセブン&アイ。自社のPBブランド「セブンプレミアム」から「Japanese Soba Noodles 蔦 醤油Soba」(東洋水産)、「鳴龍担担麺」(日清食品)というミシュラン星つき店のアイテムを発売。さらには、蒙古タンメン中本やIPPUDO香港(ともに日清食品)など話題の店を次々に自社PBに連れてきている。

 直近の家計調査でもカップ麺の消費は伸び続けている。2015年に3365円だった支出は2016年には3586円と続伸した。麺だからと言って伸びてはいけないなんてことはない。むしろ伸びるからこそ麺であり、伸びない麺なんてつまらない。

あわせて読みたい

「食品業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  3. 3

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  5. 5

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  6. 6

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  7. 7

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  8. 8

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  10. 10

    音質より内容 声のブログの挑戦

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。