記事

【随時更新】coincheckハッキング騒動で知っておくべきこと。

1/2

スクリーンショット 2018 01 27 8 07 40

まとめます!

coincheckで大規模盗難。

coincheckがハッキングに遭い、XEMが巨額盗難されました。

事件発生直後の会見で出てきた情報はこんな感じ。

NEMのせいではない。

まず勘違いしてはいけないのは、今回はNEMに原因はないということ。なんか勘違いしてNEMを批判する人がちょいちょいいるんですよね……。

以下のツイートとか、普通に事実誤認(ハーベスティングしてないのは見ればわかる)ですし、POIの脆弱性ではないです。なぜそうなるw

「coincheckで盗難!NEMがヤバい!」というのは、誰かが投稿していましたが「スーパーでレジのお金(coincheckの残高)が盗まれたからキャベツ(NEM)がヤバい!!」みたいな話です。いや、キャベツ関係ないよそれ。

今回はたまたまハッカーにNEMが狙われたわけで、これはNEMにとって運が悪いとしか言いようがない状況。

NEMはむしろ「マルチシグ(連名署名)」を仕組み的に用意しているので、盗難には強い部類なんですけどね……。coincheckはマルチシグをオンにしていなかったそうです。

スクリーンショット 2018 01 27 7 45 29

再生の道は十二分にある。

イケハヤもレンディングに400万くらい突っ込んでいたので、これがパーになると辛いのですが……。

500〜600億円という被害額をどう見るか。

これは案外再生の道はあるんじゃないかな〜と思ったりもします。

桂さんも書いてる通り、もしもディスカウントがかかれば、かなりおいしい買い物になりますよね。

coincheck自体がどのくらい儲かってるかは、推定でしかないですがこういう見解も。相当儲かってるのは間違いないですよね〜。

過去にはBitfinexが破綻しかけたとき、自社の「債権トークン」を発行して難を逃れた……という経緯もあります。これ同じことやったらクールですよね。さすがに日本だと難しいかな?

cisさんも書いてますね。

「盗難された!即破綻!」というのは早計なので、ホワイトナイトの登場やトークンの発行含めて、今後の動向に注目です。まぁ……当座は返ってこない前提で生きていきます。

他の通貨に関しては安全確認が進んでいる。

XRPやLISKも不信な動きがありましたが、これに関しては問題ないようです。

公式発表では今のところXEMだけです。他の通貨の盗難が明らかになる……というストーリーはなさそうですね。ないと思いたいw

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  5. 5

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

  6. 6

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    無法地帯? 事件続く川崎市の実態

    fujipon

  8. 8

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

  9. 9

    山口達也の号泣会見に悲しみの声

    女性自身

  10. 10

    小室圭さんの借金巡る取材秘話

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。