記事

施政方針演説に対する代表質問 〜今こそ「明治レジーム」からの転換を

1/2

1月24日の衆議院本会議で希望の党を代表して質問しました。

今年は、明治維新150年でもあります。安倍政権は、明治維新を礼賛するイベントを多数用意しているようですが、一方で、戊辰戦争150年でもあります。歴史は勝者に都合よく形作られることが多いのが常です。ものごとは、複眼的な視点で見てはじめて実像が浮かび上がります。明治維新も、礼賛一辺倒ではなく、中央集権化の弊害などにも目を向けなくてはなりません。

そうした観点から、これまで安倍総理が掲げてきた数々の政策についても、ひとつひとつ事実を検証する質問をしました。華々しいキャッチフレーズと目標を掲げ、できないと先送りし、「道半ば」だからまだやらせてほしいというパターンが常態化しています。ゴールの無い、いわば「​​​​永遠の道半ば」政策になっていることに警鐘を鳴らしました。演壇から見ていましたが、多くの自民党の先生方にも静かに耳を傾けていただきました。

ご一読いただければ幸いです。

 希望の党代表の玉木雄一郎です。私は希望の党・無所属クラブを代表して、安倍総理の施政方針演説に対して質問します。冒頭、二点申し上げます。まず、昨日発生した草津元白根山の噴火で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げるとともに、今なお、深刻な状態にある方々の回復を祈ります。そして、訓練中、殉職された陸上自衛官に心からお悔やみを申し上げます。次に、総理は平昌オリンピックに参加することを決断されたようですが、昨日、CIA長官が北朝鮮によるICBMの実戦配備まで数か月と言及しました。異例のことです。こうした中、オリンピックはオリンピックとして、我が国として言うべきことは文(ムン)大統領にもしっかり伝えるとともに、半島の非核化という目標が一ミリも揺らぐことのないよう、米国を含む関係国との連携強化および情報収集をお願いしたいと思います。

■明治維新の礼賛一色は問題

 さて、今年は、明治維新から150年にあたります。安倍総理は内閣を挙げてお祭りムードを盛り上げようとしていますが、今年は、戊辰戦争から150年にもあたります。歴史は常に勝者に都合のよい史実を中心に形成されていきます。日本の近代化を極めて短期間に成し遂げた意義は大きいものの、この150年は、人口増加を前提とした経済成長、そして、中央集権を固定化してきた150年でもあります。その限界や弊害に直面しているのが現在の日本です。単なる礼賛ではなく、明治維新を客観的、中立的にとらえ、急速な近代化の陰で積み重ねられてきた矛盾や課題に正面から取り組み、これを乗り越えていく新たな構想を示すべきではないでしょうか。我が党は、「未来先取り政党」として、この「明治レジーム」を乗り越える、人口減少社会における新しい社会像や政策を打ち出していきます。

■格差是正は二の次の安倍政権

 「勝てば官軍」という思想は、勝った者が正義との考えであり、「明治レジーム」の考え方とも言えます。新自由主義的発想で、強い者はより強く、そして負けた者への配慮など一切ない──小泉政権以降の自民党政権、とりわけ、安倍政権では、こうした姿勢が色濃くなっています。事実、OECDの調査によると、日本では、所得再分配政策を講じた後の方が、格差が拡大するという逆転現象が起き、再分配機能が正しく働いていません。来年度予算案を見ても、生活保護の母子加算や児童養育加算を削減する一方、海外には多額のお金を配ったり、最新のミサイル導入に何千億もの莫大なお金を使おうとしています。多くの国民が、素朴におかしいと感じています。スローガンばかりの政策で、格差是正、とりわけ子どもの貧困対策への予算があまりにも少ないのではありませんか。総理は施政方針演説の冒頭で、「すべての日本人がその可能性を存分に開花できる」時代を切り拓くと明言しましたが、母子家庭の命綱を削るような予算は、これと矛盾します。改めて、総理自身が国民に訴えた言葉の本気度を伺います。

■安易なサラリーマン増税は消費にマイナス

 税制改正も問題だらけです。なぜ、所得税が増税となるサラリーマンが年収800万円以上から850万円以上に急に変わったのでしょうか。官邸の鶴の一声で決まるような税制は極めて不透明ではないですか。総理の所見を伺います。

そもそも、消費への悪影響を心配して消費税増税を2度にわたって延期しておきながら、個人消費を支えるサラリーマン層の所得税増税を毎年行うのは政策的にちぐはぐです。しかも、衆院選の公約には一言も書いてありませんでした。選挙が終わった途端取りやすいところから一気に取ろうとする安易なサラリーマン増税に、我が党は反対です。むしろ、格差是正のためにも、総所得が1億円を超えると税負担が軽くなる逆累進課税の矛盾を解消するため、株式の譲渡益など金融所得への課税を強化すべきではありませんか。総理の所見を伺います。

■庶民の懐を豊かにしないアベノミクス バブルへの警戒も必要

 アベノミクスも丸5年が経ちました。物価上昇率2%の目標達成時期はなんと6回も先送りされています。物価上昇目標は一体いつ実現するのか、総理の所見を伺います。

 華々しい目標を掲げて、できないと先送りし、「道半ば」だからまだやらせてほしいというのは、まるでゴールの無い「永遠の道半ば」政策です。これは安倍総理が繰り返す「政治は結果責任」と真っ向から矛盾するのではありませんか。確かに株価は好調です。しかし、多くの国民に実感はありません。昨年12月の日銀調査では「暮らしにゆとり」と答えた人は6.5%で、前回9月から1%近く減少しています。完全雇用状態なのになぜ賃金が上がらないのか、総理の所見を伺います。

 活況を呈する株式市場もいびつな状態が続いています。昨年は、日銀が6兆円も上場投資信託、ETFを買っている一方で、個人はほぼ同額の6兆円を売り越しています。明らかに「官製相場」の様相が強まっており、日銀の資産残高も500兆円を超えています。もしマーケットが暴落すれば、日銀が破たんし「最後の貸し手」としての機能を発揮できない懸念もあります。万が一の危機に備え、日銀はETFの買い入れをやめるべきと考えますが、総理の所見を伺います。

■人手不足への対策なくして成長なし

 全国的に、少子高齢化や人口流出による人手不足が恒常化しています。帝国データバンクの調査によれば、私の地元・四国でも、半数の企業で正社員が不足しています。2007年の調査開始以降、初めて5割を超え、深刻な事態です。特に地方では、今や人手不足への対策こそ、最大の成長戦略、活性化戦略です。女性、高齢者の皆さんにもさらに社会で活躍していただく必要がありますが、地域の現場が外国人労働者に支えられている現実に正面から向き合わなければなりません。

■先送りできない外国人労働者の受け入れ促進

 現場では、既に外国人頼みが高まっており、製造業における依存度は3%を超えています。特に、地方においては、なくてはならない存在となっています。安倍総理は、全ての都道府県で有効求人倍率が1を超えた話をよくされますが、実は、昨年初めて、全ての都道府県で在留外国人が増加しました。この問題に対して、外国人技能実習制度で対応するには限界が来ています。また、労災による死亡と認定された外国人技能実習生が2014年からの3年間で計22人に上り、うち1人は過労死と認定されています。労災比率も、日本の雇用者平均を大きく上回っています。外国人が、危険な現場で即戦力として使われる現実です。そこで、一定の要件を満たした場合には、技能実習生に在留資格の更新を柔軟に認めるなど、大幅な制度見直しが必要だと考えますが、総理の所見を伺います。また、留学生の就労にも様々な問題が指摘されており、見直しが必要ではないでしょうか。あわせて伺います。外国人の待遇などの問題を改善しなければ、中国・韓国との「雇い負け」が生じ、外国人さえ雇えない事態も発生しかねません。

■政府の働き方改革は的外れ

 次に、働き方改革について伺います。坂本光司法政大学教授の著書「日本でいちばん大切にしたい会社」はベストセラーとなりました。心を打つ会社の物語がおさめられており、私も電車の中で読んで思わず涙してしまいました。この「大切にしたい会社」に選ばれる基準として、過去5年間営業黒字であること、障害者雇用は法定雇用率以上であること、正社員率が65%以上であることなどに加え、1か月の超過労働時間が10時間以下、年次有給休暇の取得率が70%以上、育児休業取得率80%以上など50の項目が示されています。安倍総理は「生産性革命」を唱えていますが、働く人たちが余裕をもって働き、家族や友人と充実した時間を過ごすことができてこそ、生産性の高い労働が可能になるのではないでしょうか。まさに坂本先生の言う「人を大切にする会社」を増やすことこそ、生産性向上に繋がるのではないでしょうか。

 しかし、安倍政権が行おうとしている政策は、方向性が逆です。残業時間の上限規制として、「月100時間」を認めるとしていますが、これは過労死ラインでもあります。総理はこれで適当とお考えですか。また残業代ゼロ法案と指摘される「高度プロフェッショナル制度」の導入、裁量労働制の拡大が、労働者のためではなく、人件費削減の観点から導入されようとしており問題です。我々は、これらを法案から分離・削除することが審議入りの前提と考えますが、総理の所見を伺います。

■GDP600兆円は数字の魔術 財政健全化目標は「永遠の道半ば」

 2015年9月、安倍総理が突如「アベノミクスは第2ステージに移る」と宣言し、新3本の矢を発表しました。その1本目として、2020年に600兆円の名目GDP達成を掲げました。しかし、昨日公表された「中長期の経済財政に関する試算」では、達成時期が先送りされました。経済が絶好調だと胸を張るのになぜ達成できないのですか。矢は既に折れているのではないでしょうか。総理の所見を伺います。

さらに、GDPの算出方法を見直した際、R&Dの資本化など国際基準対応で24.1兆円、そして、それ以外の「その他」の要素で7.5兆円ものかさ上げが行われています。この「その他」とはいったい何でしょうか。総理の合理的な説明を求めます。結局、2020年GDP600兆円目標も、数字の魔術でかさ上げされた「カサアゲノミクス」であり、達成見込みのない「永遠の道半ば」政策ではないでしょうか。

■財政再建目標を定めずに予算審議を求めることは不誠実

 次に、財政健全化について伺います。安倍内閣は、2020年度のプライマリーバランス黒字化目標の達成をついに断念しました。内閣府の中長期試算では、黒字化が2027年度にずれ込むとされていますが、総理は、次なる財政健全化目標の策定を本年夏に先延ばしし、目標が宙ぶらりんの状態です。財政健全化目標も示さないまま、来年度の予算案を閣議決定し、国会の審議にかけることは、歴代内閣でも例はなく、極めて不誠実かつ無責任です。総理の所見を伺います。

■希望出生率1.8と待機児童ゼロも「永遠の道半ば」

 安倍総理は、消費税の使い道を変更して子育て支援に回すこととしていますが、今のまま幼児教育や保育を無償化すれば、さらに待機児童が増え、そして、高所得者ほど恩恵を受けるという「二重の不公平」が助長されてしまいます。「無償化の前に保育園全入化」を優先すべきではありませんか。総理の所見を伺います。

 安倍総理は、アベノミクス新3本の矢の2本目として、2017年度末までに「待機児童ゼロ」を掲げていましたが、昨年、目標を3年先送りしました。先送りした2020年度までに待機児童ゼロに必要とされる保育の受け皿32万人の計算式には、保育園の申込みを諦めた人、すなわち潜在需要が考慮されていません。民間の試算では約89万人の受け皿が必要との指摘もあります。2020年度末に、待機児童は本当にゼロになるのでしょうか。もし受け皿目標を見直すことになれば、これもまた「永遠の道半ば」政策になってしまいます。総理の所見を伺います。

■軽減税率導入であいた6,000億円の穴は埋まらないまま

 安倍総理は、消費税の使い道を変えるということですが、そもそも軽減税率を導入することで予定された消費税の増収が約1兆円減ることになっています。しかも6,000億円は代替財源の手当てがなく、穴が開いたままです。財源の目途もつけずに使い道を変更するのは、結局、赤字国債を増やすだけで無責任です。安倍総理、6,000億円の財源の目途はつきましたか。財源の目途もなく消費税の使い道を変えるなら、高所得者優遇にもなる軽減税率はやめるべきではないでしょうか。総理の所見を伺います。

■介護離職ゼロも「永遠の道半ば」で達成困難

 アベノミクス新3本の矢の3本目が、介護離職ゼロでした。しかし、むしろ介護離職は増えているのが現状ではないでしょうか。いつまでに、どのように介護離職をゼロにするのか。総理の所見を伺います。

 そもそも、介護離職ゼロは、今般の介護報酬改定で実現できるのでしょうか。さらなる介護職員の待遇改善や認知症対策などにもっと力をいれるべきです。介護離職ゼロもまた、かけ声だけの「永遠の道半ば」政策になるのではないですか。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。