記事

「年収850万超は増税」が間違っているこれだけのヤバい理由


【サラリーマンへの増税は間違いなのか】

 税制改正によって起きている、サラリーマンへの増税が話題だ。年収850万円を超えると増税になるという基準がおかしいと批判も浴びている。経営コンサルタントの大前研一氏が、このサラリーマン増税を批判する。

 * * *
 昨年末に閣議決定された2018年度の税制改正大綱で、年収850万円を超えるサラリーマンと同1000万円を超える公的年金受給者は2020年1月から増税されることになった。さらに、国際観光旅客税や森林環境税が創設され、たばこ税も1本あたり3円増税される。

 その一方で、法人税は、賃上げをしたり、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などに投資したりすると、最大20%程度まで減税が可能になる。

 政府・与党は、この税制改正法案を今国会に提出し、3月末までの成立を目指すというが、なぜ、こんなバカげたことをやるのか、私は全く理解できない。自民党の政治家や官僚たちは、サラリーマンの生活実態も世界の趨勢も、残念なほどわかっていない。

 今回の税制改正(改悪)では、全納税者が対象の基礎控除を一律10万円引き上げる一方で、サラリーマンを対象とした給与所得控除は10万円減額する。ここまでならサラリーマンも差し引きで変わらないが、これに加えて給与所得控除の控除額の上限も引き下げるため、年収850万円超のサラリーマンが増税となる。

 日本の政治家や官僚は「年収850万円=高所得」という認識のようだが、世界では今や年収850万円は決して高所得とは言えない。

 たとえば、グーグルやマイクロソフトのエンジニアの初任給は年収1700万~1800万円、インドの優秀なエンジニアの年収は約1500万円、アマゾンが計画している第二本社の新規採用5万人の年収は平均で約1130万円、日本で大学新卒者を月給40万円で募集して話題になった中国のファーウェイ(華為技術)深セン本社の優秀なエンジニアの年収は約1000万円だ。

 しかも日本の場合、年収850万円でも税金や社会保険料などが差し引かれると、手取りは月に40万~50万円台になる。東京都内で4人家族が住める広さの住居だと住宅ローンの返済か家賃に20万円前後かかるから、他に食費や光熱費、水道・下水道料金、通信費、教育費などを払ったら、ほとんど余裕はなくなるだろう。年収850万円は、決して裕福ではないのである。

 にもかかわらず、日経世論調査アーカイブによると、今回のサラリーマン増税案に対して賛成が55%(反対30%)と過半数を占めたという(2017年12月調査)。賛成と答えた人がどういう理由でそう判断したかはわからないが、今回の所得税増税の対象者は、前述したように約230万人で、給与所得者の4%だという。

 つまり、増税の対象から外れた96%の給与所得者の半数以上が増税に賛成していることになるわけで、これは究極のポピュリズム(大衆迎合)だ。今回、増税の不幸に遭わなかった人たちが他人の不幸を喜ぶ、という実に歪な構図である。

 私はこれまでに「資産家や金持ちが妬まれたり、憎まれたり、批判されたりする風土は最悪だと思う。実際、今はそうした空気が国内にあるから、彼らは海外へ逃避して財産を隠しているのだ」と指摘したが、今後も国内に居づらくなった金持ちが海外に出ていけば、さらに国は貧しくなるし、若者に「坂の上の雲」を目指すアンビション(大志)も育たない。富裕層を妬んだり憎んだりする負け犬根性の風潮が広がると、日本は狭量で嫌な社会になってしまう。

※週刊ポスト2018年2月2日号

あわせて読みたい

「増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    慰安婦の日が騒がれなかった理由

    WEDGE Infinity

  2. 2

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ポケモン声優死去 哀悼の声続々

    キャリコネニュース

  4. 4

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  5. 5

    人体標本が物議 遺体はどこから?

    木村正人

  6. 6

    石破氏 本質見失う曖昧な日本語

    石破茂

  7. 7

    QBハウス1200円に 客離れの危機?

    MAG2 NEWS

  8. 8

    税金垂れ流しJR北海道は合併せよ

    中田宏

  9. 9

    翁長氏の県民葬延期 自民思惑か

    天木直人

  10. 10

    バタージュワッ人気の極厚食パン

    メシコレ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。